MAX(バンド)

MAX_(band)
マックスシュナイダー
と混同しないでください MAX(「マックス」と発音)は日本の女性ボーカルグループです。名前は「の頭文字であるM usical A ctive E Xペリエンス」。MAXのオリジナルメンバーがリードボーカルの安室ナミエとともにスーパーモンキーズのメンバーとしてミュージカルデビュー。。彼らは1995年に独自に分岐し、1996年から2000年まで数百万枚のアルバムと連続したトップ20シングルの連続を販売して独自のスターになりました。彼らのリードシンガーのミナは2002年に妊娠のためにグループを去り、交代しました芸名をアキにした前田亜季。アキは2008年8月にソロキャリアを追求するためにグループを去った。元メンバーのミナは2008年10月28日にグループに戻り、2年間の休止期間を経てグループの復帰を告げました。 MAX 2016年
東京拘置所 にて
背景情報
原点
沖縄、日本
ジャンル
ジャパニーズポップ
ユーロビート
ダンス
活動年数
1995年–現在
ラベル
Avex Trax(1995–2005)
ソニックグルーブ(2005–現在)
関連する行為
スーパーモンキーズ
安室なみえ
ウェブサイト
www .avexnet .or .jp / max
メンバー
ナナ(1995–現在)リナ(1995–現在)レイナ(1995–現在)ミナ(1995–2002); (2008年〜現在)
過去のメンバー
アキ(2002–2008)
彼らのデビュー以来、MAXは1000万以上のレコードを販売しました。彼らは女性グループのモーニング娘。に遅れをとっており、トップ10のシングルが最も連続しており、15でウィンクと結びついています。グループとして、MAXは女性アイドルグループの新しいスタイルを確立しました。代わりに、インパクトのある振り付けとよりセクシーで大人のイメージに焦点を当てた、無実のアイドル型。
内容
1 メンバー
1.1 現在のメンバー 1.2 元メンバー
2 歴史
2.1 始まり 2.2 スターダム 2.3 ターニングポイント 2.4 ミュートカムバック 2.5 10周年 2.62.6 2008-11:オリジナルラインナップ改革と15周年 2.7 2012-現在:ハレ、トキドキファーム!そしてMAXが帰ってきた
3 ディスコグラフィー
3.1 スタジオアルバム 3.2 その他のアルバム 3.3 ナンバーワンシングル
4 ツアー
5 フィルモグラフィ
6 外部リンク
7 参考文献
メンバー
グループがデビューしたとき、すべてのメンバーは本名を使用していました。人気が出ると、それぞれに接尾辞「na」が付いた芸名を使用しました。リナ(リツコ)は「リナ」が通っていた。しかし、「レイナ」との類似性と、とにかく彼女のニックネームが「リナ」とより密接に一致するという事実のために、これは彼らの最初のCDの頃に彼女の名前になりました。コンサートの舞台裏などの非公式の映像では、ミナとナナはフルネームのミナコとナナコで呼ばれます。接尾辞が付いた芸名をとらない唯一のメンバーは、元メンバーのアキです。
グループのメンバーは全員、最新のメンバーを含め、沖縄県出身です。
現在のメンバー
美奈子井上(井上美奈子)ミナ(B。1977年12月29日)として知られています、
ナナとして知られるナナコタクシ(沢詩奈々子)(1976年3月25日生まれ)
レイナ宮内(宮内玲奈)レイナ(B。1978年1月6日)として知られています、
リナとして知られる松田律子(松田律子)(1977年2月26日生まれ)
元メンバー
前田亜季(前田亜紀)、AKI(B。1980年10月22日)として知られています。MAXに入社する前は、短命のグループであるHipp’sでプロの音楽デビューを果たしていました。
歴史
始まり
MAXは、離陸することを意図したものではない単なるプロジェクトとして始まりました。グループのコンセプトはシンプルでした。彼らはキャッチーなダンスミュージックを演奏するセクシーな歌と踊りのポップグループとして発表されました。1995年に、彼らは最初のシングルをリリースしましたが、ほとんど成功しませんでした。彼らのセカンドシングルは同じ運命にリリースされました。その年の夏に正式に解散するまで、グループはスーパーモンキーズという名前で安室ナミエと共演し続けました。スーパーモンキーズは終わったが、MAXは1996年3月までのソロキャリアの初期段階で安室ナミエのダンサーとして出演した。スーパーモンキーズとMAXとしてのフォーサムの二重のアイデンティティは、ビデオ、安室ナミエ1周年記念ライブインマリンスタジアムでキャプチャされています。彼らはナミエのバックアップシンガーとダンサーとして演奏し、ナミエは彼らをMAXとして発表し祝福します。
その月、女の子は彼らの最初の映画、解放LadieのMAXとそれらの3rdシングル、「トラトラトラそれらに彼らの最初のヒットを与える#19でデビューし、」。栄光のバックアップダンサーとしての彼らの日々はついに終わりました。
スターダム
MAXは「ToraToraTora」の成功に続き、「Seventies」で女の子に最初のトップ10ヒットをもたらしました。1996年12月、彼らはデビューアルバムMaximumをリリースしました。アルバムは#1でデビューし、100万枚以上を売り続けました。彼らのアルバムの成功に続いて、MAXは彼らの最初の映画、Ladie’sMAXの続編で大画面に戻りました。映画「Givemea Shake」の主題歌は、彼らが最初に演奏したオリジナル曲でした。この曲の前は、MAXのヒット曲はすべてイタリアのダンスミュージックのカバーでした。その名を冠した主題歌「Givemea Shake」がシングルとしてリリースされたとき、それはグループに彼らの最初で唯一の#1ヒットを獲得した#1でデビューしました。
1997年の秋、MAXはJ-Popギグツアーと呼ばれる最初の全国ツアーに参加しました。わずか2か月で、日本武道館などの売り切れのホールで演奏しました。彼らはクリスマスの日にセカンドアルバム、MaximumIIをリリースしました。そのアルバムも100万枚以上売れました。MAXは1997年の終わりに紅白Utagassenに初めて登場し、1999年には1998年を通して、音楽シーンのトップに彼らの治世を続け、MAXは題した彼らの最初の最大のヒット曲集リリースの最大のコレクションもチャートを突破しました。少女たちは年末に初のバラードシングル「一生に」で大ヒットを記録した。シングルはトップ10の下半分でチャートを作成していましたが、4か月間チャートに残り、30万部以上を売り上げました。それは彼らの2番目に売れているシングルになるでしょう。
ターニングポイント
2000年はMAXにとって変化の時であることが証明されました。新しいミリンネウムの彼らの最初のシングルのために、女の子は初めて書くこととプロデュースすることによって彼らの音楽をコントロールすることに決めました。その結果、R&Bの影響力のあるポップナンバー「NeverGonna Stop It」は、チャートの8位でデビューしました。しかし、シングルは10万部の売り上げを下回りました。1999年以降、グループの売上は徐々に減少しましたが、3枚目のシングル以来、どのシングルも10万点を超えなかったのはこれが初めてでした。彼らの次の自主制作作品である「Magic」は#10でデビューしましたが、前のシングルよりも売れ行きが少なかったのです。次の数年はほとんど同じでした。
、グループのリードシンガーであるミナがレコードレーベルのアベックストラックスの本社での記者会見で彼女の素早い結婚と妊娠を発表したとき、グループは劇的な停滞に陥りました。記者会見で、グループはまた、ミナが彼女の赤ちゃんを産むためにグループから休憩を取ることを発表しました。彼らは翌月、2枚目のバラードシングル「Spring Rain」をリリースし、悲惨な結果をもたらしました。シングルは、19の連続したトップ20シングルのストリングを壊す低い#28をチャートしました。3月にリリース予定の5枚目のオリジナルアルバムは棚上げされ、代わりに2番目に大きなヒットコレクションがリリースされました。MAXは休止状態になりました。
ミュートカムバック
次の数ヶ月はMAXにとって静かなままでしたが、6月下旬に新しいMAXメンバーを発表するチラシが見られたというニュースがファンのウェブサイトの周りに広まり始めました。残りの3人のメンバー(ナナ、リナ、レイナ)は、1)3人のメンバーのグループとして継続するか、2)ミナが戻るまで休止状態を維持することを以前に発表していました。どちらの場合も、彼らは誰もミナに取って代わることはないと固く決心しました。
その直後、7月の公式ファンクラブミーティングのニュースがありました。ミーティング当日、3人のメンバーのMAXが混雑したクラブにやって来て、彼らの#1スマッシュ「GivemeaShake」を演奏しました。公演の直後、MAXは新メンバーの前田亜季を紹介することで噂を確認した。バンドでのアキの位置は当初不確かで、ミナが戻るまでは一時的なメンバーだった、またはミナが戻ったときにMAXが5人のメンバーになるという噂がありました。
メディアはたくさんあり、すべてが好転しているようでした。新しいシングルとアルバムは、国内で最大の音楽番組のいくつかにテレビ出演するとともに、来月リリースされる予定でした。ただし、シングルはキャンセルされます。古い素材のトランスリミックスを収録したアルバム「MaximumTrance」が予定通りリリースされる。彼らの新しいテレビ出演もキャンセルされました。
11月、MAXはついにボサノバの影響を受けたシングル「EternalWhite」でカムバックしました。シングルは#20でデビューし、すぐにチャートから外れました。その後のリリースでは、時間の経過とともに距離が長くなり続けました。グループは2003年に2つのシングルをリリースしましたが、どちらもトップ30に到達できませんでした。2004年に、グループはAtomicKittenの「BewithYou」のカバーをリリースしました。シングルは、有望であるが最終的には期待外れのプロモーションプッシュの後、#34でデビューしました。8月、グループはダラスのハイアットホテルで開催されたテキサスのAnimeFestで初めて米国で演奏しました。イベントに続いて、MAXはモデリングや演技などのソロ活動に参加するために時間を割きました。
10周年
2005年、グループは10周年を迎えました。「BeWithYou」のリリース後、グループは新しい素材をリリースしていませんでしたが、彼らは記念日を記念してホテルツアーに乗り出しました。「MAXLoveTrip 2005」は、5月に4つのショーにまたがりました。ホテルツアーでは、7月にリリースされるニューシングル「二井金井」を確認した。シングルは、伝統的な沖縄の要素を取り入れたユーロダンスのビートを取り入れた彼らのルーツへの回帰となるでしょう。MAXはまた、このシングルでより多くのインプットを持ち、曲を選ぶだけでなく、歌詞を書いたり、インストルメンタルを少し演奏したりしました。このグループは、この曲を説明するために「沖縄ユーロ」という用語を作り出しました。「Barks.co.jp」へのインタビューで、グループはシングルを待つのが長いのは完璧な曲を探していたからだと説明した。彼らはまた、以前は特定の期間にシングルをリリースしていたのとは異なり、時間に関係なく「良い」音楽のみをリリースすることに集中するようになったと述べました。リリース時には、シングルは本土で数千の売り上げしか獲得できませんでした。しかし、この曲は沖縄で大ヒットし、グループは島でいくつかのライブイベントを開催することができました。彼らは「と題する、2006年2月に、別の11月にシングルと新しいメンバーと彼らの最初のアルバムをリリースし、アキと「ニライカナイ」をフォローアップ宝石のジュエル。」グループ初のダブルサイドシングル「スプラッシュゴールド(夏の軌跡)/プリズムオブアイズ」が同年8月にリリースされた。新メンバーのアキとのグループ最終リリースとなりました。
2008-11:オリジナルラインナップ改革と15周年
12日、アキはシンガーソングライターとしてのキャリアを追求するためにグループを去ることが発表されました。このグループは、映画「セックス・アンド・ザ・シティ」の日本初演で、アキと最後に公開されました。10月、リナとレイナはファンにレコードレーベルとのミーティングを行っていたと語った。彼らは会議の詳細については話し合わなかったが、すべてがすぐに明らかになると主張した。10月28日、元メンバーのミナの復帰と正式復帰を発表したプレスリリースが発行された。彼らは情報プレゼンターに初公開され、再会コンサートと新しいリミックスアルバムが発表された。同窓会コンサートは、2009年1月31日、東京都渋谷区のCCレモンホールで一夜限りのイベントとして開催されました。その成功は、コンサートイベントを全国ツアーに変える6つの追加ショーの発表につながりました。ツアー初日の夜、彼らの最初のカムバックシングル「RoughCutDiamond」が発表された。22日にリリースされました。
2009年後半、グループは2010年にグループの15周年を祝う1泊の月例コンサートシリーズ「MAXマンスリーライブ:VIP」を発表しました。シリーズの最初のコンサートは1月24日に東京の赤坂ブリッツで開催されました。5月12日、アンリの「キャッツアイ」のユーロビートカバーがリリースされた。その後、80年代と90年代のクラシックとアニメの曲で構成されたユーロビートのカバーアルバムがリリースされました。「BEMAX」は9月8日にリリースされた。このアルバムはオリコンウィークリーアルバムチャートの#19 でデビューし、2002年の「エターナルホワイト」以来の最初のトップ20リリースとなった。9月17日、中居正広の金曜美のスマタチeにバラエティ番組に出演。プログラムは、ミナの妊娠後に彼らが混乱していたことを明らかにしました。発表後、グループは連帯を示していたが、それは茶番だった。他の3人のメンバーは、ミナが自分自身に妊娠を打ち明けたのではなく、管理を通じてミナの行動に裏切られたと感じたと述べた。事件は元のメンバーの間に大きな亀裂を生み出し、ミナが産休を取る間、アキは一時的なメンバーとして発表されましたが、ミナは実際にはすでにグループを脱退していました。プログラムは後に、アキがソロのキャリアを追求するためにグループを去った後、ナナが残りのメンバーにミナを彼らに再び参加するように誘うことを提案したことを明らかにした。プログラムの終わりに、ミナはグループに正式に謝罪しました。
21日、グループの経営陣は、レイナが妊娠5か月で、すぐに産休を取ると発表しました。発表はまた、レイナが休止状態にある間、MAXが活動を継続することを確認した。このグループは、Hey!で4人のメンバーからなるグループとして最終的に登場しました。ねえ!ねえ!残りのメンバーがスリーピースユニットとして初めて演奏した7月下旬のミュージックチャンプ。
2012-現在:ハレ、トキドキファーム!そしてMAXが帰ってきた
NHKのBSプレミアムの女性向けプログラミングブロックの一環として、ネットワークは毎週のバラエティ番組、ヘア、トキドキファームを発表しました!MAX主演。プログラムでは、メンバーは地元の農家やゲストの有名人と園芸や職人技のスキルを磨きました。このプログラムは2012年4月に初公開され、MAXの最初のレコーディングがスリーピースの「CheckMe!」として取り上げられました。その主題歌として。4月17日、MAXはサッポロビールの小麦とレモンの飲料ラインのスポークスパーソンとして発表されました。別のオリジナル曲「SunSun」は、沖縄限定のコマーシャルキャンペーンで使用されました。
、レイナはファンに、2011年11月に最初の子供である男の子を出産したことと2番目の子供を妊娠して6か月であることを明らかにしました。、彼女は2番目の子供である女の子の誕生を発表し、追って通知があるまで産休を継続することを確認した。 2月末、MAXはトキドキファームのハレに在職期間を終えました!その後まもなく、リナはブログを通じて、MAXが計画されたシングルリリースのミーティングに参加したことをファンに知らせました。7月下旬、「MAXisback」を宣伝するニューシングルが正式に発表された。 8月7日にリリースされた「Tacata」は、同名のTacabroの曲のカバーであり、3人のメンバーからなるユニットとしての最初のシングルです。
ディスコグラフィー
MAXディスコグラフィー
スタジオアルバム
1996:最大
1997年:マキシマムII
1998年:最大溝
2001:感情的な歴史
2006:ジュエルオブジュエル
その他のアルバム
1999:最大コレクション
2000:スーパーユーロビートがハイパーユーロマックスを発表
2002:プレシャスコレクション1995–2002
2002:マキシマムトランス
2008:新版:最大ヒット数
2010:MAXになる ナンバーワンシングル
1997年:「私にシェイクをください」
ツアー
1997年8月17日-1997年9月22日:J-Popギグツアー’97(12ショー)
1998年3月24日-1998年5月31日:MAX Live Contact 1998:MAX Up Your Life(30ショー)
1999年3月6日-1999年8月19日:MAXライブコンタクト1999:サニーホリデー(54ショー)
1日-2000年7月2日:MAX Live Contact 2000:No Boundly(17 Shows)
7日-2001年9月2日:MAX Live Contact 2001:Bitter 4 Sweet(17 Shows)
31日;25日-2009年5月30日:MAX Live Contact 2009:新版(7ショー)
フィルモグラフィ
1995夜もヒッパレ(TVシリーズ)
1996年Ladie’sMAX
1997 Ladie’s MAX:シェイクをください
1998スウィートデビル(TVシリーズ)
2005スターライト(TVシリーズ)
2006年ちゅるさん3(TVシリーズ)
2009オモイキリドン!(連続テレビ番組)
2009かりゆし先生ちばる(TVシリーズ)
外部リンク
MAX公式サイト
MAX公式管理サイト
J!-ENT特集記事とMAXへのインタビュー-2007
参考文献
^ 「MINAはMAXに戻ります」。東京グラフ。2008-10-28 。
^ 「復活MAX「永久」宣言…7年無限生活」。読売。2009年2月2日にオリジナルからアーカイブされました。
^ a b “女性集団のシングル1位獲得数であり章1位に!モーニング娘。の偉業を求める”。Yahoo!。2007年3月6日にオリジナルからアーカイブされました。
^ 「MAXのアキは月末に出発する」。東京グラフ。2008-08-12 。
^ 「打込みファン♪」。
^ 「MAXMINA逸脱のます」。
^ 「おもませんX!ここ8年ブリライブ」。アーカイブされたオリジナルの2009年4月30日に。
^ 「ここX11年ブリ連ドラ主題歌!ダブルは7年ぶり」。アーカイブされたオリジナルの2009年4月28日に。
^ 「BEMAX」。
^ 「今、語されたMINA妊娠の裏側。「MAXを裏してた女」放送に大反響」。
^ 「ビジョンファクトリー」。検索された30年6月2012。
^ 「MAX、新曲「SunSun」がぷ・沖縄限定「麦&レモン」CM豆に抜擢」。
^ 「ご報告です。」。
^ 「無事に♪」。
^ “MAX:NEW SINGLE『タカタ ‘』中中!”。

投稿日:
カテゴリー: M