MB86900

MB86900
MB86900は、あるマイクロプロセッサによって生成され、富士通、実装SPARC V7 命令セットアーキテクチャによって開発されたSun Microsystems社の。これは、1986年に導入されたSPARCの最初の実装であり、1987年から最初のSPARCベースのワークステーションであるSun MicrosystemsSun -4で使用されました。 そのチップセットは16.67MHzで動作しました。チップセットは、MB86900マイクロプロセッサとMB86910浮動小数点ユニットの2つのチップで構成されていました。チップセットは、2つの20,000ゲート、1.2 µmの相補型金属酸化膜半導体(CMOS)で実装されました。ゲート・アレーは、によって作製富士通株式会社。 MB86900 一般情報
発売 1986 によって設計された
富士通
パフォーマンス
最大 CPU クロックレート
16.67 MHz
アーキテクチャと分類
指図書 SPARC V7 物理的仕様
コア 1 ノート
^ 「ARMをスーパーの領域に持ち込む富士通」。CPUシャックミュージアム。2016年6月21日。 CS1 maint:推奨されないパラメーター(リンク) ^ 「富士通SPARC」。cpu-collection.de 。
CS1 maint:推奨されないパラメーター(リンク) ^ 「タイムライン」。SPARCインターナショナル。
CS1 maint:推奨されないパラメーター(リンク)
参考文献
Quach、L。; Chueh、R。(1988)。「SPARCのCMOSゲートアレイ実装」。第33回IEEEComputer Society International Conference、Digest ofPapers。
ナムジュ、M。(1989)。「SPARCの実装:ASICとカスタム設計」。システムサイエンスに関する第22回ハワイ国際会議の議事録。

投稿日:
カテゴリー: M