mBank

MBank
1986年に設立されたmBankSA(旧BRE Bank)、元々はBRE – Bank Rozwoju Eksportu(Export Development Bank)は、総資産とローンの点でポーランドで4番目に大きいユニバーサルバンキンググループであり、9月末の預金で5番目です。 2016年。リテールバンキング、コーポレートバンキング、インベストメントバンキングのほか、リース、ファクタリング、保険、商業用不動産のファイナンス、仲介業務、ウェルスマネジメント、コーポレートファイナンス、資本市場の範囲でのアドバイザリーなどの金融サービスを提供しています。 mBank SA タイプ
公開会社
として取引
WSE:  MBK
設立 1986 本部
ポーランド
オーナー
コメルツ銀行
ウェブサイト
www .mbank .pl
1992年以来、ワルシャワ証券取引所に上場しています。2007年には、チェコ共和国とスロバキアで小売事業を開始しました。
現在のBRE銀行のCEOは、CezaryStypułkowskiです。
内容
1 mBankグループ
2 mBankとグループの歴史
3 mBankが提供するソリューション
4 物議を醸す対外債務の関与
5 参考文献
6 外部リンク
mBankグループ
mBankグループは以下で構成されています。
ポーランドを代表するリース会社の1つであるmLeasing
mBank Hipoteczny、ポーランド最大の住宅ローン銀行
mFaktoring、請求書ファクタリングビジネス
mBankGroupの他の子会社にバックオフィスサービスを提供する子会社であるmCentrumOperacji
mCorporate Finance、投資銀行サービスを専門とする子会社
mLocum、不動産開発業者
mFinanse(旧Aspiro)、財務アドバイザリーサービスを提供する子会社 mFinance France eコマースおよびAPIバンキングソリューションを専門とする子会社であるmElements
mBankとグループの歴史
1986年-株式会社としてBankRozwoju Eksportu(輸出開発銀行)を設立。KrzysztofSzwarcがCEOに任命されました
1989年-BREは世界銀行とIFCからクレジットラインを付与されました。BRE銀行がSWIFTのメンバーになります
1990年-公募による民営化開始
1991年-グループは最初の子会社を設立しました:Biuro Maklerskie BRE Brokers(現在はmBank Dom Maklerski)とBRE Services(現在はmLeasing)
1992年-ワルシャワ証券取引所でデビュー
1994年-ドイツのコメルツ銀行との戦略的パートナーシップに関する合意
1995年-銀行はプライベートバンキングを開始
1997年-投資ファンド会社であるTowarzystwoFunduszy InwestycyjnychSKARBIECが設立されました
1998年-PolskiBank RozwojuSAとの合併。WojciechKostrzewaがCEOに任命されました
1999-年金基金であるPTESkarbiec-Emeryturaが営業を開始
2000年-銀行はリテールバンキングセグメントで営業を開始し、ポーランドで最初のインターネット銀行であるmBankを立ち上げました
2001-銀行は2番目の小売部門であるMultiBankを立ち上げました
2004年–企業向けのインターネットバンキングシステムであるiBREが開始されました。SławomirLachowskiがCEOに任命されました
2007年-銀行の小売事業の海外展開、最初のmBankアウトレットがチェコ共和国とスロバキアに設立されました
2008 – MariuszGrendowiczがCEOに任命されました
2009年–携帯電話専用のmBankのウェブサイトのライトバージョンが開始されました
2010 –CezaryStypułkowskiがCEOに任命されました
2011 –iOSおよびAndroidデバイス向けのmBankのインターネットバンキングシステムのモバイルバージョンがリリースされました
2012年-2012年から2016年の「OneBank」戦略の発表。mBankは、モバイルネットワーク事業者と協力してNFCモバイル決済サービス(非接触型決済)を開始します。MultiBankは、iOSおよびAndroidデバイス向けのインターネットバンキングシステムのモバイルバージョンを発表しました
2013-新しいmBankトランザクションプラットフォームの立ち上げ。ブランド変更プロセス– MultiBank、BRE Bank、およびmBankのブランドは、単一の最強のブランドであるmBankに置き換えられます。
2014年– Orangeとの協力は、モバイルリテールバンクであるOrangeFinanseの立ち上げから始まります。新しいmBankがチェコ共和国とスロバキアで発売されました
2015 –mBankはAXAグループと長期的な協力関係を結びます。以前のマルチバンクおよびプライベートバンキングの顧客は、mBankのインターネットバンキングシステムにアクセスできます(ブランド変更プロセスは終了します)
2016年–mBankの子会社であるDomMaklerskimBankuとmWealthManagementがmBankの一部になりました。AspiroがmFinanseに変わります
mBankが提供するソリューション
電子バンキングシステム:以降、銀行は再設計された電子バンキングプラットフォームであるNewmBankを通じて個人顧客にサービスを提供しています。顧客には、パーソナライズされたリベートへのアクセスを提供する割引プログラムであるmOkazjeや、実店舗と同様の方法でクライアントにサービスを提供するチャット、音声通話、ビデオ通話を介して利用できるオンラインエキスパートの支援など、多くの新しいソリューションが提供されています。枝。
モバイルバンキング:、銀行はモバイルバンキングプラットフォームの新しいバージョンを発表しました。スマートフォンアプリケーションは、銀行口座、カード、ローン、預金、保険商品、現在の株価、為替レート、投資ポートフォリオへのアクセスを提供します。また、モバイル決済(NFC非接触型決済、QRコードスキャン、BLIK決済システム)が可能で、顧客は30秒でローンを組んで、受取人の電話番号を使用して送金することができます。
ショッピングセンターにある基本的なサービスにすばやくアクセスできるライトブランチと、オフィスビルにある大きなアウトレットであるアドバイザリーセンターの2種類のブランチを使用した既存のネットワークの再編成。
物議を醸す対外債務の関与
mBankは、外国の住宅ローンを供与しているポーランドの銀行のトップ3の1つです。2002年から2014年の間に、mBankは70,000を超えるそのようなローンを供与しました。それらの大多数はスイスフランにリンクされています。2007-08年の金融危機の結果として、スイスフランはポーランドズウォティに大幅に強化されました。2008年にmBankによって付与された一部のローンの場合、その価値は2倍に増加しました。
mBankは、スイスフランにリンクされたローンを地元の同等物よりもはるかに安く販売しました。実際、LIBORレートはポーランドのWIBORレートよりも低かった。ただし、為替効果を調整すると、これらの貸付の費用、特に債務額が過大になります。
mBankは、これらのローンに関連するリスクの全範囲についてクライアントに通知しませんでした。mBankの経営陣は、それ自体がリスクを正しく評価していなかったと主張しています。
mBankは、親会社であるCommerzbankから、外国の住宅ローンの資金調達のために約70億スイスフランの短期ローンを受け取りました。当初、2006年と2007年に、コメルツ銀行からのローンは0.15%という非常に低い金利マージンで付与されました。ただし、更新が必要になった場合、マージンは約2.0%に増加しました。mBankが顧客に付与した初期のローンの多くは、マージンが約1.0%であったため、これらのローンはmBankにとってマージンがマイナス(つまり不採算)になっています。
何年もの間、mBankは、いわゆる「スプレッド」と呼ばれる債務者の分割払い手数料を請求することにより、このローンの不採算を管理することができました。これらのスプレッドは、低金利を補うためにmBankによって使用されました。しかし、2011年7月、ポーランドの銀行法が改正され、そのような追加の支払いが排除されました。
さらに、mBankが使用するローン契約におけるスイスフランとポーランドズウォティの連携を規制する条項は不公正であることが判明し、競争消費者保護局が管理する不公正条項登録に含まれていました。
1993年4月5日の欧州理事会指令93/13 / EEC により、不公正であることが判明した契約条件は消費者を拘束すべきではないため、mBank契約に存在するスイスフランとポーランドズウォティのつながりは損なわれました。
ただし、mBankはこの規制の有効性を認識ししたがって、1,247人の債務者によって開始された集団訴訟を含む多くの法的手続きが続いた。
為替レートの上昇による副作用の1つは、対外ローンのローン・トゥ・バリュー比率の上昇です。2008年まで、mBankの外国住宅ローンの平均LTV比率は60年代でした。その後、80%以上に増加し、現在は82.2%になっています。 LTVが80%を超えるローンは、特にLTVの変化が資産価値に関連していないが、外国為替レートなどの銀行と債務者の両方の要因によって制御されていない場合、よりリスクが高いと見なされます。
2015年末現在、mBankはスイスフランにリンクされたローンの約50億スイスフランに相当し、コメルツ銀行に対して30億スイスフランの債務を負っていました。
コメルツ銀行は、2019年7月に、欧州中央銀行とBaFinによって、子会社のmBankのポーランドでの有毒な金融商品の提供を促進するため、およびコメルツ銀行がmBankのCHFにリンクされた資金調達から生じる潜在的な脱税について調査されていることが発表されました。有毒な金融商品。
参考文献
^ 「今年の要約」。www.mbank.pl 。
^ 「mBankグループの紹介」(PDF)。
^ 「Spready–mBankniedozwolone」。sites.google.com(ポーランド語)。
^ 「銀行法の改正、2011年7月29日」(ポーランド語)。
^ 「競争および消費者保護登録のオフィス-条項5743」(ポーランド語)。
^ 「EUR-Lex-31993L0013-EN-EUR-Lex」。eur-lex.europa.eu 。
^ 「WierzbowskiEversheds> Grupa na Bank(アーカイブ)」(ポーランド語)。2015-08-01。2015年8月1日にオリジナルからアーカイブされました。 CS1 maint:推奨されないパラメーター(リンク)
^ 「mBank財務報告」。www.mbank.pl(ポーランド語)。
^ 「mBank年次報告書2015」(ポーランド語)。2016年3月。
^ 「CommerzbankpociągniętydoodpowiedzialnościzafrankowegrzechymBanku」。2019年7月23日。
^ “SprzedażmBanku。Niemcychcąkomuśpodrzucićzgniłeja​​jowpostacifrankowiczów”。2019年10月1日。
外部リンク
mBankポーランドのウェブサイト
mBankチェコのウェブサイト
mBankスロバキアのウェブサイト
icon
 銀行ポータル

投稿日:
カテゴリー: M