MBASE

MBASE
モデルベースのアーキテクチャとソフトウェア工学における(MBASE)ソフトウェアエンジニアリングは、あるソフトウェア開発プロセスによって開発されたバリー・ベーム1990年代後半にダン港。MBASEは、プロジェクトの製品モデル(アーキテクチャ、要件、ソースコードなど)、プロセスモデル(タスク、アクティビティ、マイルストーン)、プロパティモデル(コスト、スケジュール、パフォーマンス、信頼性)、および成功モデル(利害関係者の勝利-勝つ、IKIWISI-私はそれを見るとわかります、ビジネスケース)は一貫しており、相互に強制します。
MBASEは、システムのプロセス(PS)、製品(PD)、プロパティ(PY)、および成功(SS)モデルを統合するソフトウェアシステムの開発へのアプローチであり、モデルは次のシステム定義要素(別名「アーティファクト」または「成果物」):
運用コンセプトの説明(OCD)
システムおよびソフトウェア要件の定義(SSRD)
システムおよびソフトウェアアーキテクチャの説明(SSAD)
ライフサイクルプラン(LCP)
実現可能性の根拠の説明(FRD)
建設、移行、サポート(CTS)の計画とレポート
リスク主導のプロトタイプ
LeanMBASEアプローチの本質は、BoehmのAnchoring the Software Processで定義されているリスク主導の3アンカーポイント、Win-Winスパイラルアプローチを使用して、反復的な改良を通じてシステム定義要素を同時に開発することです。
内容
1 歴史
2 も参照してください
3 参考文献
4 外部リンク
歴史
で、ライブラリのデジタルライブラリ製品の開発の3年間(1998年から1995年)の上に南カリフォルニア大学(USC)、バリー・ベームとダン・ポートは、モデルベース(システム)アーキテクチャとソフトウェア工学(MBASE)と呼ばれるアプローチを進化していました。
も参照してください
モデル駆動工学(つまり、OMGのMDAがプラットフォーム/テクノロジーに依存しないモデル(PIM / TIM)に適用され、プラットフォーム/テクノロジー固有のモデル(PSM / TSM)がMBASEのSSADに適用されます)
参考文献
USCソフトウェアエンジニアリングセンター(CSE)MBASE Research
Barry Boehm:ソフトウェアプロセスの固定
バリー・ベームとダン・ポート:モデルベース設計するとソフトウェア工学のための概念モデル化の課題(MBASE)
Barry Boehm、et al。:リーンモデルベース(システム)アーキテクトおよびソフトウェアエンジニアリングのガイドライン(LeanMBASE)
外部リンク
Barry Boehm、David M. Wong、およびRaffi Tikidjian:LeanMBASEと役割ベースの敏捷性の調整

投稿日:
カテゴリー: M