MBOAT5

MBOAT5
リゾリン脂質アシルトランスフェラーゼ5は、ヒトではLPCAT3遺伝子によってコードされる酵素です。 他の膜結合型O-アシルトランスフェラーゼと相同です。 LPCAT3 識別子
エイリアス
LPCAT3、C3F、LPCAT、LPLAT 5、LPSAT、MBOAT5、OACT5、nessy、リゾホスファチジルコリンアシルトランスフェラーゼ3
外部ID
OMIM:611950 MGI:1315211 HomoloGene:14678 GeneCards:LPCAT3
EC番号
2.3.1.23
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 12番染色体(ヒト)
バンド 12p13.31 開始
6,976,185 bp
終わり
7,018,477 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• トランスフェラーゼ活性• 1 acylglycerophosphocholine O-アシルトランスフェラーゼ活性• トランスフェラーゼ活性、アシル基転送• 2-アシルグリセロール-3-リン酸O-アシルトランスフェラーゼ活性を• 1-アシルグリセロール-3-リン酸O-アシルトランスフェラーゼ活性
細胞成分
• 膜の不可欠なコンポーネント• 小胞体膜• 膜• 小胞体
生物学的プロセス
• ホスファチジルセリンアシル鎖リモデリング• ホスファチジルエタノールアミンアシル鎖リモデリング• ホスファチジルコリンアシル鎖リモデリング• 血漿リポタンパク質粒子レベルの調節• 脂質代謝• リン脂質生合成プロセス• リン脂質代謝プロセス
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 10162 14792 Ensembl ENSG00000111684 ENSMUSG00000004270 UniProt Q6P1A2 Q91V01 RefSeq(mRNA) NM_005768 NM_145130
RefSeq(タンパク質) NP_005759 NP_660112
場所(UCSC)
Chr 12:6.98 – 7.02 Mb
該当なし
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000111684 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「MousePubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ Ansari-Lari MA、Muzny DM、Lu J、Lu F、Lilley CE、Spanos S、Malley T、Gibbs RA(1996年9月)。「ヒト染色体12p13のCD4とトリオースリン酸イソメラーゼ遺伝子間の遺伝子が豊富なクラスター」。ゲノム解像度。6(4):314–26。土井:10.1101 /gr.6.4.314。PMID 8723724。   ^ Ansari-Lari MA、Shen Y、Muzny DM、Lee W、Gibbs RA(1997年5月)。「ヒト染色体12p13の大規模配列決定:実験的および計算的遺伝子構造決定」。ゲノム解像度。7(3):268–80。土井:10.1101 /gr.7.3.268。PMID 9074930。   ^ Zhao Y、Chen YQ、Bonacci TM、Bredt DS、Li S、Bensch WR、Moller DE、Kowala M、Konrad RJ、Cao G。「主要な肝臓リゾホスファチジルコリンアシルトランスフェラーゼの同定と特性評価」。J BiolChem。283(13):8258–65。土井:10.1074 /jbc.M710422200。PMID 18195019。   ^ 「Entrez遺伝子:5を含むMBOAT5膜結合O-アシルトランスフェラーゼドメイン」。
参考文献
Scherer SE、Muzny DM、Buhay CJ、他。(2006)。「ヒト12番染色体の完成したDNA配列」。自然。440(7082):346–51。土井:10.1038 / nature04569。PMID  16541075。
Mehrle A、Rosenfelder H、Schupp I、他 (2006)。「2006年のLIFEdbデータベース」。核酸解像度。34(データベースの問題):D415–8。土井:10.1093 / nar / gkj139。PMC  1347501。PMID  16381901。
木村K、若松A、鈴木Y他 (2006)。「転写調節の多様化:ヒト遺伝子の推定上の代替プロモーターの大規模な同定と特性評価」。ゲノム解像度。16(1):55–65。土井:10.1101 /gr.4039406。PMC  1356129。PMID  16344560。
Wiemann S、Arlt D、Huber W、他 (2004)。「ORFeomeから生物学へ:機能ゲノミクスパイプライン」。ゲノム解像度。14(10B):2136–44。土井:10.1101 /gr.2576704。PMC  528930。PMID  15489336。
Gerhard DS、Wagner L、FeingoldEAなど。(2004)。「NIH完全長cDNAプロジェクトの状況、品質、および拡大:哺乳類遺伝子コレクション(MGC)」。ゲノム解像度。14(10B):2121–7。土井:10.1101 /gr.2596504。PMC  528928。PMID  15489334。
太田毅、鈴木悠、西川毅他 (2004)。「21,243個の完全長ヒトcDNAの完全な配列決定と特性評価」。ナット ジェネット。36(1):40–5。土井:10.1038 / ng1285。PMID  14702039。
Strausberg RL、Feingold EA、GrouseLHなど。(2003)。「15,000を超える完全長のヒトおよびマウスのcDNA配列の生成と初期分析」。手順 国立 Acad。科学 アメリカ。99(26):16899–903。土井:10.1073 /pnas.242603899。PMC  139241。PMID  12477932。
Wiemann S、Weil B、Wellenreuther R、他 (2001)。「ヒト遺伝子とタンパク質のカタログに向けて:ヒトcDNAをコードする500の新規完全タンパク質の配列決定と分析」。ゲノム解像度。11(3):422–35。土井:10.1101 /gr.GR1547R。PMC  311072。PMID  11230166。
Hartley JL、Temple GF、Brasch MA(2001)。「invitro部位特異的組換えを使用したDNAクローニング」。ゲノム解像度。10(11):1788–95。土井:10.1101 /gr.143000。PMC  310948。PMID  11076863。
Maurel-Zaffran C、Chauvet S、Jullien N、他 (1999)。「nessy、ショウジョウバエの胚発生中にHoxタンパク質によって制御される進化的に保存された遺伝子」。メカ。開発。86(1–2):159–63。土井:10.1016 / S0925-4773(99)00105-7。PMID  10446276。S2CID  5793636。
外部リンク
UCSC GenomeBrowserでのLPCAT3ヒト遺伝子の位置。
UCSC GenomeBrowserのLPCAT3ヒト遺伝子の詳細。
Stub icon   ヒト12番染色体上の遺伝子に関するこ

投稿日:
カテゴリー: M