MCF2L

MCF2L
グアニンヌクレオチド交換因子DBSは、ヒトではMCF2L遺伝子によってコードされるタンパク質です。 MCF2L 利用可能な構造 PDB オーソログ検索:PDBe RCSB
PDBIDコードのリスト
1KZ7、1KZG、1LB1、1RJ2
識別子
エイリアス
MCF2L、ARHGEF14、DBS、OST、MCF.2細胞株由来の形質転換配列
外部ID
OMIM:609499 MGI:103263 HomoloGene:11804 GeneCards:MCF2L
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 13番染色体(ヒト)
バンド 13q34 開始
112,894,378 bp
終わり
113,099,742 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 8番染色体(マウス)
バンド
8 | 8 A1.1
開始
12,873,806 bp
終わり
13,020,905 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• ホスファチジルイノシトール結合• 脂質結合• グアニルヌクレオチド交換因子活性
細胞成分
• 細胞質• 原形質膜の細胞質側の外因性成分• サイトゾル• 原形質膜• 膜• 内膜システム• 外空間
生物学的プロセス
• Rhoタンパク質シグナル伝達の正の調節• Rhoタンパク質シグナル伝達の調節• GO:0007243細胞内シグナル伝達• 小GTPアーゼ媒介されるシグナル伝達の調節• アポトーシスプロセスの正の調節• Gタンパク質共役型受容体シグナル伝達経路• 分子機能の調節に
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 23263 17207 Ensembl ENSG00000126217 ENSMUSG00000031442 UniProt O15068 Q64096 RefSeq(mRNA)
NM_001112732 NM_024979 NM_001320815 NM_001320816 NM_001320817
NM_001366644 NM_001366645 NM_001366646
NM_001159485 NM_001159486 NM_178076
RefSeq(タンパク質)
NP_001106203 NP_001307744 NP_001307745 NP_001307746 NP_079255
NP_001353573 NP_001353574 NP_001353575
該当なし
場所(UCSC)
Chr 13:112.89 – 113.1 Mb
Chr 8:12.87 – 13.02 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
モデル生物
MCF2L機能の研究にはモデル生物が使用されています。Mcf2l tm1a(EUCOMM)Hmguと呼ばれる条件付きノックアウトマウスラインがウェルカムトラストサンガーインスティテュートで生成されました。オスとメスの動物は、欠失の影響を決定するために標準化された表現型スクリーニングを受けました。 実行された追加のスクリーニング:-詳細な免疫学的表現型
Mcf2lノックアウトマウスの表現型
特性
表現型
で利用可能なすべてのデータ。
インスリン
正常
P14でのホモ接合性生存率
正常
ホモ接合性の出産
正常
体重
正常
神経学的評価
正常
握力
正常
異形学
正常
間接熱量測定
正常
ブドウ糖負荷試験
正常
聴性脳幹反応
正常 DEXA 正常
X線撮影
正常
目の形態
正常
臨床化学
正常
血液学16週間
正常
末梢血白血球16週間
正常
サルモネラ感染症
正常
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000126217 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000031442 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「MousePubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ 長瀬T、石川K、中嶋D、大平M、関N、宮島N、田中A、小谷H、野村N、大原O(1997年4月)。「未確認のヒト遺伝子のコード配列の予測。VII。invitroで大きなタンパク質をコードできる脳からの100個の新しいcDNAクローンの完全な配列」。DNAリサーチ。4(2):141–50。土井:10.1093 / dnares /4.2.141。PMID 9205841。   ^ 「Entrez遺伝子:MCF2LMCF.2細胞株由来の形質転換配列様」。
^ Gerdin AK(2010)。「サンガーマウス遺伝学プログラム:ノックアウトマウスのハイスループット特性評価」。ActaOphthalmologica。88:925–7。土井:10.1111 /j.1755-3768.2010.4142.x。
^ B 「国際マウス表現型解析コンソーシアム」。
^ Skarnes WC、Rosen B、West AP、Koutsourakis M、Bushell W、Iyer V、Mujica AO、Thomas M、Harrow J、Cox T、Jackson D、Severin J、Biggs P、Fu J、Nefedov M、de Jong PJ、スチュワートAF、ブラッドリーA。「マウス遺伝子機能のゲノムワイド研究のための条件付きノックアウトリソース」。自然。474(7351):337–42。土井:10.1038 / nature10163。PMC 3572410。PMID 21677750。    ^ ドルギンE。「マウスライブラリがノックアウトに設定されました」。自然。474(7351):262–3。土井:10.1038 / 474262a。PMID 21677718。   ^ Collins FS、Rossant J、Wurst W。「あらゆる理由でマウス」。セル。128(1):9–13。土井:10.1016 /j.cell.2006.12.018。PMID 17218247。   ^ White JK、Gerdin AK、Karp NA、Ryder E、Buljan M、Bussell JN、Salisbury J、Clare S、Ingham NJ、Podrini C、Houghton R、Estabel J、Bottomley JR、Melvin DG、Sunter D、Adams NC、Tannahill D、Logan DW、Macarthur DG、Flint J、Mahajan VB、Tsang SH、Smyth I、Watt FM、Skarnes WC、Dougan G、Adams DJ、Ramirez-Solis R、Bradley A、Steel KP。「ノックアウトマウスのゲノムワイドな世代と体系的な表現型は、多くの遺伝子の新しい役割を明らかにしています」。セル。154(2):452–64。土井:10.1016 /j.cell.2013.06.022。PMC 3717207。PMID 23870131。    ^ a b 「感染および免疫免疫表現型検査(3i)コンソーシアム」。
参考文献
堀井悠、ビーラーJF、坂口K、立花M、三木T(1994年10月)。「新しい癌遺伝子ostは、RhoとRacのシグナル伝達経路を潜在的にリンクするグアニンヌクレオチド交換因子をコードしています」。EMBOジャーナル。13(20):4776–86。PMC  395416。PMID  7957046。
Rossman KL、Worthylake DK、Snyder JT、Siderovski DP、Campbell SL、Sondek J。「DbsとCdc42間の相互作用の結晶学的ビュー:PHドメイン支援グアニンヌクレオチド交換」。EMBOジャーナル。21(6):1315–26。土井:10.1093 / emboj /21.6.1315。PMC  125919。PMID  11889037。
Snyder JT、Worthylake DK、Rossman KL、Betts L、Pruitt WM、Siderovski DP、Der CJ、Sondek J。「Dbl交換因子によるRhoGTPaseの選択的活性化の構造的基礎」。自然構造生物学。9(6):468–75。土井:10.1038 / nsb796。PMID  12006984。
山内淳、平沢晃、宮本悠、国分晃、西井晃、岡本晃、菅原悠、辻本晃、伊藤晃。「alpha1B-アドレナリン受容体からc-JunN末端キナーゼへの抗マイトジェン経路におけるDblの姉の役割」。生化学的および生物物理学的研究コミュニケーション。296(1):85–92。土井:10.1016 / S0006-291X(02)00839-2。PMID  12147231。
Wennerberg K、Ellerbroek SM、Liu RY、Karnoub AE、Burridge K、Der CJ。「RhoGはRac1およびCdc42と並列に信号を送ります」。Journal of BiologicalChemistry。277(49):47810–7。土井:10.1074 /jbc.M203816200。PMID  12376551。
Cheng L、Mahon GM、Kostenko EV、Whitehead IP。「Rac1によるrho特異的グアニンヌクレオチド交換因子Dbsのプレクストリン相同ドメイン媒介活性化」。Journal of BiologicalChemistry。279(13):12786–93。土井:10.1074 /jbc.M313099200。PMID  14701795。
上田晋、片岡毅、佐藤毅。「異なる細胞内部位におけるRhoファミリーGTPアーゼの調節におけるDblファミリー交換因子のSec14様ドメインの役割」 (PDF)。細胞シグナル伝達。16(8):899–906。土井:10.1016 /j.cellsig.2004.01.007。PMID  15157669。
Kostenko EV、Mahon GM、Cheng L、Whitehead IP。「Sec14相同性ドメインは、Rho特異的グアニンヌクレオチド交換因子Dbsの細胞分布と形質転換活性を調節します」。Journal of BiologicalChemistry。280(4):2807–17。土井:10.1074 /jbc.M411139200。PMID  15531584。
木村K、若松A、鈴木Y、太田T、西川T、山下R、山本J、関根M、鶴谷K、若栗H、石井S、杉山T、斉藤K、磯貝Y、入江R、櫛田N、米山T 、大塚R、神田K、横井T、近藤H、若栗M、村川K、石田S、石橋T、高橋藤井A、棚瀬T、永井K、菊池H、中井K、磯貝T、菅野S )。「転写調節の多様化:ヒト遺伝子の推定上の代替プロモーターの大規模な同定と特性評価」。ゲノム研究。16(1):55–65。土井:10.1101 /gr.4039406。PMC  1356129。PMID  16344560。
家口晃、上田晋、片岡毅、佐藤毅。「低分子量GTPアーゼRacによる受容体エンドサイトーシスの負の調節におけるグアニンヌクレオチド交換因子Ostの役割」。Journal of BiologicalChemistry。282(32):23296–305。土井:10.1074 /jbc.M700950200。PMID  17562712。
Stub icon   ヒト13番染色体上の遺伝子に関するこ

投稿日:
カテゴリー: M