MCHAトーナメント

MCHA_Tournament
中西部大学ホッケー協会トーナメントだっ課III 大学アイスホッケー決定するために毎年開催大会MCHAのチャンピオンを。トーナメントは、1999年の会議の開始から、2013年のNCHAによる吸収まで運営されていました。
中西部大学ホッケー協会トーナメント
カンファレンスホッケー選手権
スポーツ
アイスホッケー
会議 MCHA フォーマット
シングルエリミネーション
プレイした
1999〜 2013年
内容
1 歴史
2 1999年 3 2000 4 2001年
5 2002年
6 2003年
7 2004年
8 2005年
9 2006年
10 2007年
11 2008年
12 2009年
13 2010年 14 2011 15 2012年
16 2013年
17 も参照してください
18 参考文献
19 外部リンク
歴史
MCHAトーナメントは、MCHAが存在することを毎年開催し、NCHAがMCHAを吸収したときに中止されました。もともとトーナメントは完全にシングルエリミネーション形式でしたが、2004年から2005年にリーグが6チームに拡大した後、各ラウンドはポイント制に変更されました。2つのチームが2つのゲームを対戦し、最初の1〜3ポイントが勝者と宣言されます(勝つ場合は2ポイント、引き分けの場合は1ポイント)。2試合後、両方のチームが同点のままだった場合、どちらのチームが前進するかを決定するために20分間のミニゲームが行われました。NCAAの規則に従い、ミニゲームはチームの順位や統計にはカウントされず、どのチームが進行したかを判断するためにのみ使用されました。 1999年 シード
学校
記録 1 Findlay 2 マリアン
12–3–0 3 MSOE
4–7–2 4 ノースランド
2–8–2
準決勝2月26日   チャンピオンシップ2月27日          1 Findlay 19   4 ノースランド2     1 Findlay9   2 マリアン 1 2
マリアン4   3 MSOE 1 第三位 3 MSOE 4 4
ノースランド 6 注:*は残業期間を示します 2000 シード
学校
記録 1 ミネソタ–クロックストン
10–0–0 2 マリアン
12–2–0 3 MSOE
8–6–0 4 ノースランド
2–13–1
準決勝2月25日   チャンピオンシップ2月26日          1 ミネソタ–クロックストン6   4 ノースランド4     1 ミネソタ–クロックストン4   2 マリアン 3 2
マリアン3   3 MSOE 2 第三位 3 MSOE 9 4
ノースランド 4 注:*は残業期間を示します 2001年 シード
学校
記録 1 ミネソタ–クロックストン
11–0–1 2 マリアン
11–2–1 3 ノースランド
6–10–0 4 ローレンス
3–10–1
準決勝2月23日   チャンピオンシップ2月24日          1 ミネソタ–クロックストン7   4 ローレンス3     1 ミネソタ–クロックストン1   2 マリアン 5 2
マリアン
7 *   3
ノースランド 6 第三位 3 ノースランド 3 4
ローレンス 5 注:*は残業期間を示します 2002年 シード
学校
記録 1 マリアン
16–0–0 2 MSOE
8–8–0 3 ミネソタ–クロックストン
6–10–0 4 ローレンス
6–10–0 5 ノースランド
4–12–0
予選2月22日
準決勝2月23日
チャンピオンシップ2月24日 1 マリアン 4 4
ローレンス 3 4
ローレンス 1 5
ノースランド 2 1
マリアン 7 3
ミネソタ–クロックストン 3 2 MSOE 1 3 ミネソタ–クロックストン
2 **
第三位 2 MSOE 3 4
ローレンス
5 *
注:*は残業期間を示します 2003年 シード
学校
記録 1 ミネソタ–クロックストン
10–3–3 2 マリアン
10–4–2 3 ローレンス
10–6–0 4 MSOE
4–10–2 5 ノースランド
2–13–1
予選2月21日
準決勝2月22日
チャンピオンシップ2月23日 1 ミネソタ–クロックストン 3 4 MSOE 6 4 MSOE 2 5
ノースランド 0 1
ミネソタ–クロックストン 2 2
マリアン 1 2
マリアン
3 * 3 ローレンス 2 第三位 3 ローレンス
2 * 4 MSOE 1 注:*は残業期間を示します 2004年 シード
学校
記録 1 マリアン
14–2–0 2 ミネソタ–クロックストン
10–5–1 3 MSOE
9–7–0 4 ローレンス
3–12–1 5 ノースランド
2–12–2
注:トップシードとして、マリアンはトーナメント全体のホストを務めました。
予選2月27日
準決勝2月28日
チャンピオンシップ2月29日 1 マリアン 5 4
ローレンス 5 4
ローレンス 1 5
ノースランド 4 1
マリアン 0 2
ミネソタ–クロックストン 3 2
ミネソタ–クロックストン 4 3 MSOE 3
第三位 3 MSOE 3 4
ローレンス 2 注:*は残業期間を示します 2005年 シード
学校
記録
シード
学校
記録 1 MSOE
13–3–0 4 フィンランディア
7–8–1 2 ローレンス
9–7–0 5 マリアン
7–8–1 3 ミネソタ–クロックストン
9–7–0 6 ノースランド
2–14–0
2月11〜13日の第1ラウンド
準決勝2月18〜19日
チャンピオンシップ2月25〜26日                   3 ミネソタ–クロックストン6 1 – 1 MSOE3 0 3   6 ノースランド2 0 – 5 マリアン1 4 0     1 MSOE 3 4 *-   3 ミネソタ–クロックストン2 3 – 4 フィンランディア
4 *2 0 2 ローレンス3 4 0   5 マリアン3 4 3 3 ミネソタ–クロックストン 2 5 *
1 *
注:*は、イタリック体のミニゲームの残業期間を示します 2006年 シード
学校
記録
シード
学校
記録 1 MSOE
17–2–1 4 ローレンス
7–9–4 2 マリアン
13–6–1 5 ミネソタ–クロックストン
6–13–1 3 フィンランディア
9–8–3 6 ノースランド
3–17–0
注:ローレンスはトーナメント全体のホストを務めました。
準々決勝3月3日
準決勝3月4日
チャンピオンシップ3月5日              3
フィンランディア 6 1
MSOE8   6 ノースランド 2 4
ローレンス1     1 MSOE5   2 マリアン 2 4
ローレンス 6 2
マリアン
3 *   5
ミネソタ–クロックストン 4 3
フィンランディア 2 注:*は残業期間を示します 2007年 シード
学校
記録
シード
学校
記録 1 MSOE
16–2–2 4 ローレンス
8–11–1 2 フィンランディア
15–5–0 5 ミネソタ–クロックストン
5–13–2 3 マリアン
12–6–2 6 ノースランド
0–19–1
注:フィンランディアは準決勝とチャンピオンシップラウンドのホストを務めました。
準々決勝2月23〜24日
準決勝3月3日
チャンピオンシップ3月4日                3 マリアン9 7 – 1 MSOE4   6 ノースランド0 1 – 4 ローレンス0     1 MSOE3   2 フィンランディア 4 4
ローレンス 5 2 * – 2
フィンランディア6   5 ミネソタ–クロックストン3 2 – 3 マリアン 3 慰め 3 マリアン 2 4
ローレンス 4 注:*は残業期間を示します 2008年 シード
学校
記録
シード
学校
記録 1 エイドリアン
19–1–0 5 ローレンス
10–9–1 2 マリアン
14–5–1 6 ミネソタ–クロックストン
5–15–0 3 フィンランディア
14–6–0 7 ノースランド
4–16–0 4 MSOE
11–9–0 8 コンコルディア(WI)
2–18–0
注:MSOEは準決勝とチャンピオンシップラウンドのホストを務めました。
準々決勝2月22〜24日
準決勝3月1日
チャンピオンシップ3月2日                1 エイドリアン8 9 – 1 エイドリアン 4 8
コンコルディア(WI)0 1 – 4 MSOE0   2 マリアン
3 *3 – 6 ミネソタ–クロックストン2 1 –   1 エイドリアン
1 * 3 フィンランディア 0 3
フィンランディア5 3 – 7 ノースランド1 1 – 4 MSOE3 4 – 2 マリアン 2 5
ローレンス1 2 – 3 フィンランディア 4 注:*は残業期間を示します 2009年 シード
学校
記録
シード
学校
記録 1 エイドリアン
20–0–0 5 フィンランディア
10–8–2 2 ローレンス
14–5–1 6 ミネソタ–クロックストン
5–15–0 3 MSOE
12–7–1 7 コンコルディア(WI)
4–16–0 4 マリアン
11–8–1 8 ノースランド
1–18–1
注:エイドリアンは準決勝とチャンピオンシップラウンドのホストを務めました。
準々決勝2月20〜21日
準決勝2月28日
チャンピオンシップ3月1日                1 エイドリアン
108 – 1 エイドリアン 8 8
ノースランド1 2 – 4 マリアン3   2 ローレンス4 5 – 7 コンコルディア(WI)0 3 –   1 エイドリアン 7 3 MSOE 1 3 MSOE1 2 2 6 ミネソタ–クロックストン4 1 1 4 マリアン5 4 – 2 ローレンス 2 5
フィンランディア3 3 – 3 MSOE 3 注:*は残業期間を示します 2010年 シード
学校
記録
シード
学校
記録
S1(1)
エイドリアン
20–0–0
N1(2)
マリアン
18–2–0 S2 MSOE
12–7–1 N2 ローレンス
7–11–2 S3 レイクフォレスト
8–10–2 N3 ノースランド
5–14–1
注:エイドリアンは準決勝とチャンピオンシップラウンドのホストを務めました。
2月26〜28日の第1ラウンド   準決勝3月5日   チャンピオンシップ3月6日                    S1 エイドリアン 3   N2 ローレンス5 5 –   N2
ローレンス 2   N3 ノースランド1 3 –     S1
エイドリアン 3   N1 マリアン2     N1
マリアン 4   S2 MSOE6 7 1   S3
レイクフォレスト 3   S3 レイクフォレスト
7 * 3 2 *
注:*は、イタリック体のミニゲームの残業期間を示します 2011 シード
学校
記録
シード
学校
記録
S1(1)
エイドリアン
18–1–1
N1(2)
マリアン
15–5–0 S2 MSOE
16–3–1 N2 ローレンス
10–10–0 S3 レイクフォレスト
5–14–1 N3 ノースランド
8–10–2
注:エイドリアンは準決勝とチャンピオンシップラウンドのホストを務めました。
2月25〜27日の第1ラウンド   準決勝3月4日   チャンピオンシップ3月5日                    S1 エイドリアン 9   N2 ローレンス2 3 –   N2
ローレンス 2   N3 ノースランド1 1 –     S1
エイドリアン 5   N1 マリアン0     N1
マリアン 9   S2 MSOE6 6 –   S2 MSOE 2   S3
レイクフォレスト1 3 – 注:*は、イタリック体のミニゲームの残業期間を示します 2012年 シード
学校
記録
シード
学校
記録
S1(1)
エイドリアン
17–2–1
N1(2)
マリアン
12–5–3 S2 MSOE
16–3–1 N2 ローレンス
11–6–3 S3 レイクフォレスト
4–16–0 N3 フィンランディア
7–13–0
注:エイドリアンは準決勝とチャンピオンシップラウンドのホストを務めました。
2月24〜26日の第1ラウンド   準決勝3月3日   チャンピオンシップ3月4日                    S1 エイドリアン 2   N2 ローレンス 5 2 * –   N2 ローレンス 1   N3 フィンランディア1 2 –     S1
エイドリアン 3   S2 MSOE
4 *     N1 マリアン 2   S2 MSOE 7 4
1 **   S2 MSOE 3 *   S3
レイクフォレスト2 6 0 注:*は、イタリック体のミニゲームの残業期間を示します 2013年 シード
学校
記録
シード
学校
記録
S1(1)
エイドリアン
17–0–3
N1(2)
マリアン
12–8–0 S2 MSOE
12–6–2 N2 ローレンス
6–11–3 S3 レイクフォレスト
6–10–4 N3 ノースランド
7–13–0
注:エイドリアンは準決勝とチャンピオンシップラウンドのホストを務めました。
2月22〜24日の第1ラウンド   準決勝3月1日   チャンピオンシップ3月2日                    S1 エイドリアン 8   N2 ローレンス3 2 0   N3
ノースランド 1   N3 ノースランド0 5 1     S1
エイドリアン 4   S2 MSOE1     N1
マリアン 0   S2 MSOE3 0 1   S2 MSOE 1   S3
レイクフォレスト2 2 0 注:*は、イタリック体のミニゲームの残業期間を示します
も参照してください
NCHAメンズトーナメント
参考文献
「大学ホッケー統計」。Collegehockeystats.net 。 CS1 maint:推奨されないパラメーター(リンク)
^ 「NCHAの男性の歴史」。NCHA 。 CS1 maint:推奨されないパラメーター(リンク)
外部リンク

投稿日:
カテゴリー: M