MCITライブラリコンソーシアム

MCIT_Library_Consortium
でインド、多くの図書館コンソーシアムは、メンバー間での電子リソースを共有するように動作するライブラリ彼らのユーザーにサービスを提供します。通信省と情報技術を統括MCIT図書館コンソーシアムは非常に割引料金で電子リソースへとシェア購読すると、その傘下の様々な団体や機関へのサービスに拡張します。MCITの3つの部門、すなわち情報技術部門(DIT)、電気通信局(DOT)、および郵便局(DOP)、プログラムを管理します。重要なメンバーコンソーシアムには、INDEST-AICTEコンソーシアム、UGC Infonet、CSIRコンソーシアム、およびFORSAが含まれます。
コンソーシアムの受益者には、NIC、NKN、DEITY、CDAC、DOEACC、SAMEER、STQC、STPI、ERNET INDIA、C-DOTなどが現在コンソーシアムが購読しているe-Resourcesは、IEEE / IEE電子図書館、ACMデジタル図書館、およびISO / IEC規格です。
コンソーシアムは2005年から継続的に運営されています。本部はニューデリーの情報技術部門に
外部リンク
MCITライブラリコンソーシアム
www.nkn.in
Stub icon   このインド関連
Stub icon   図書館学または情報科学に関連するこ

投稿日:
カテゴリー: M