MCM10

MCM10
タンパク質MCM10ホモログは、ヒトではMCM10遺伝子によってコードされるタンパク質です。 Cdc45:Mcm2-7:GINSヘリカーゼの活性化に不可欠であり、したがって適切なDNA複製に必要です。 MCM10 識別子
エイリアス
MCM10、CNA43、DNA43、PRO2249、ミニ染色体メンテナンス10複製開始因子
外部ID
OMIM:609357 MGI:1917274 HomoloGene:41275 GeneCards:MCM10
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 10番染色体(ヒト)
バンド 10p13 開始
13,161,558 bp
終わり
13,211,110 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 2番染色体(マウス)
バンド
2 | 2 A1
開始
4,989,714 bp
終わり
5,012,791 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• DNA結合• GO:0001948タンパク質結合• DNA複製起点結合• 一本鎖DNA結合• 同一タンパク質結合• 金属イオン結合• 酵素結合• 二本鎖DNA結合
細胞成分
• 核小体• 核質• 複製フォーク保護複合体• 核
生物学的プロセス
• DNA複製• DNA損傷刺激に対する細胞応答• 細胞集団増殖• DNA複製開始• 有糸分裂細胞周期のG1 / S移行
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 55388 70024 Ensembl ENSG00000065328 ENSMUSG00000026669 UniProt Q7L590 Q0VBD2 RefSeq(mRNA) NM_018518 NM_182751 NM_027290 NM_001305259
RefSeq(タンパク質) NP_060988 NP_877428 NP_001292188 NP_081566
場所(UCSC)
Chr 10:13.16 – 13.21 Mb
Chr 2:4.99 – 5.01 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 関数
2 相互作用
3 参考文献
4 参考文献
関数
タンパク質のこの遺伝子によってコードは高度に保存さの一つであるミニ染色体維持真核生物のゲノム複製の開始に関与するタンパク質(MCM)。タンパク質複合MCMタンパク質によって形成されたの重要な成分であるプレ複製複合体(プレRC)とは複製フォークの形成および他のDNA複製関連タンパク質の動員に関与することができます。このタンパク質は、MCM2およびMCM6、ならびに複製起点認識タンパク質ORC2と相互作用することができます。それは、細胞周期に依存した方法でタンパク質分解とリン酸化によって調節されています。アフリカツメガエルにおける同様のタンパク質の研究は、DNA複製の開始時のこのタンパク質のクロマチン結合は、複製前複合体の後、起点がほどける前であることを示唆しています。あるいは、異なるアイソフォームをコードするスプライシングされた転写変異体が同定されています。
相互作用
MCM10はORC2Lと相互作用することが示されています。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000065328 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000026669 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「MousePubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ a b 泉M、柳K、水野T、横井M、川崎Y、ムーンKY、ハーウィッツJ、八幡F、花岡F。「SaccharomycescerevisiaeMcm10のヒトホモログは、複製因子と相互作用し、G(2)期のヌクレアーゼ耐性核構造から解離します」。核酸解像度。28(23):4769–77。土井:10.1093 / nar /28.23.4769。PMC 115166。PMID 11095689。    ^ Chattopadhyay S、Bielinsky AK。「ヒトMcm10はDNAポリメラーゼαの触媒サブユニットを調節し、複製中のDNA損傷を防ぎます」。モル。Biol。セル。18(10):4085–95。土井:10.1091 /mbc.E06-12-1148。PMC 1995709。PMID 17699597。    ^ a b “Entrez Gene:MCM10 MCM10ミニ染色体維持欠損10(S。cerevisiae)”。
^ Thu YM、Bielinsky AK。「MCM10:すべてに1つのツール—整合性、メンテナンス、および損傷制御」。細胞および発生生物学のセミナー。30:121–30。土井:10.1016 /j.semcdb.2014.03.017。PMC 4043890。PMID 24662891。   
参考文献
森本S(2002)。「[家族性肥大型心筋症および拡張型心筋症における異常な心筋収縮調節メカニズム-invitroでの分子変異トロポニンの機能分析]」。福岡いがくざっし。93(1):1–5。PMID  11889827。
Wiemann S、Weil B、Wellenreuther R、Gassenhuber J、Glassl S、Ansorge W、BöcherM、BlöckerH、Bauersachs S、Blum H、Lauber J、DüsterhöftA、Beyer A、KöhrerK、Strack N、Mewes HW、OttenwälderB 、Obermaier B、Tampe J、Heubner D、Wambutt R、Korn B、Klein M、Poustka A(2001)。「ヒト遺伝子とタンパク質のカタログに向けて:ヒトcDNAをコードする500の新規完全タンパク質の配列決定と分析」。ゲノム解像度。11(3):422–35。土井:10.1101 /gr.GR1547R。PMC  311072。PMID  11230166。
泉M、八幡井F、花岡F(2001)。「ヒトMcm10の細胞周期依存性タンパク質分解およびリン酸化」。J.Biol。化学。276(51):48526–31。土井:10.1074 /jbc.M107190200。PMID  11602595。
Wohlschlegel JA、Dhar SK、Prokhorova TA、Dutta A、Walter JC(2002)。「XenopusMcm10はMcm2-7の後にDNA複製の起点に結合し、Cdc45の起点結合を刺激します」。モル。セル。9(2):233–40。土井:10.1016 / S1097-2765(02)00456-2。PMID  11864598。
Christensen TW、Tye BK(2003)。「ショウジョウバエMCM10は複製前複合体のメンバーと相互作用し、適切な染色体凝縮に必要です」。モル。Biol。セル。14(6):2206–15。土井:10.1091 /mbc.E02-11-0706。PMC  194871。PMID  12808023。
Cook CR、Kung G、Peterson FC、Volkman BF、Lei M(2003)。「Mcm10ホモコンプレックスアセンブリには新しいジンクフィンガーが必要です」。J.Biol。化学。278(38):36051–8。土井:10.1074 /jbc.M306049200。PMID  12844493。
泉眞、八幡井F、花岡F(2004)。「ヒトMcm10の局在は、S期に空間的および時間的に調節されます」。J.Biol。化学。279(31):32569–77。土井:10.1074 /jbc.M314017200。PMID  15136575。
吉田K、井上I(2004)。「MCM10とTopBP1の発現は、E2F転写因子を介した細胞増殖とUV照射によって調節されています」。オンコジーン。23(37):6250–60。土井:10.1038 /sj.onc.1207829。PMID  15195143。
ラマチャンドランN、ヘインズワースE、ブラールB、アイゼンスタインS、ローゼンB、ラウAY、ウォルターJC、ラバーJ(2004)「自己組織化タンパク質マイクロアレイ」。科学。305(5680):86–90。土井:10.1126 /science.1097639。PMID  15232106。S2CID  20936301。
Rual JF、Venkatesan K、Hao T、Hirozane-Kishikawa T、Dricot A、Li N、Berriz GF、Gibbons FD、Dreze M、Ayivi-Guedehoussou N、Klitgord N、Simon C、Boxem M、Milstein S、Rosenberg J、Goldberg DS、Zhang LV、Wong SL、Franklin G、Li S、Albala JS、Lim J、Froughton C、Llamosas E、Cevik S、Bex C、Lamesch P、Sikorski RS、Vandenhaute J、Zoghbi HY、Smolyar A、Bosak S、 Sequerra R、Doucette-Stamm L、Cusick ME、Hill DE、Roth FP、Vidal M(2005)。「ヒトタンパク質間相互作用ネットワークのプロテオームスケールマップに向けて」。自然。437(7062):1173–8。土井:10.1038 / nature04209。PMID  16189514。S2CID  4427026。
Zhu W、Ukomadu C、Jha S、Senga T、Dhar SK、Wohlschlegel JA、Nutt LK、Kornbluth S、Dutta A(2007)「Mcm10とAnd-1 / CTF4は、DNA複製を開始するためにDNAポリメラーゼαをクロマチンに動員します」。GenesDev。21(18):2288–99。土井:10.1101 /gad.1585607。PMC  1973143。PMID  17761813。
Robertson PD、Warren EM、Zhang H、Friedman DB、Lary JW、Cole JL、Tutter AV、Walter JC、Fanning E、Eichman BF(2008)。「脊椎動物Mcm10のドメインアーキテクチャと生化学的特性」。J.Biol。化学。283(6):3338–48。土井:10.1074 /jbc.M706267200。PMC  2753450。PMID  18065420。
Warren EM、Vaithiyalingam S、Haworth J、Greer B、Bielinsky AK、Chazin WJ、Eichman BF(2008)。「複製イニシエーターMcm10によるDNA結合の構造的基礎」。構造。16(12):1892–901。土井:10.1016 /j.str.2008.10.005。PMC  2636851。PMID  19081065。
Stub icon   ヒト10番染色体上の遺伝子に関するこ

投稿日:
カテゴリー: M