MCM2

MCM2
「MCM-2」は軍艦については、USS Defender(MCM-2)を参照してください DNA複製ライセンス因子MCM2は、ヒトではMCM2遺伝子によってコードされるタンパク質です。 MCM2 利用可能な構造 PDB オーソログ検索:PDBe RCSB
PDBIDコードのリスト
4UUZ、5BNV、5BNX、5BO0、5C3I、5JA4
識別子
エイリアス
MCM2、BM28、CCNL1、CDCL1、D3S3194、MITOTIN、cdc19、ミニ染色体維持複合体コンポーネント2、DFNA70
外部ID
OMIM:116945 MGI:105380 HomoloGene:3325 GeneCards:MCM2
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 3番染色体(ヒト)
バンド 3q21.3 開始
127,598,410 bp
終わり
127,622,436 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 6番染色体(マウス)
バンド
6 | 6 D1
開始
88,883,474 bp
終わり
88,898,780 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• DNA結合• ヌクレオチド結合• GO:0008026ヘリカーゼ活性• ヒストン結合• 金属イオン結合• GO:0004003 DNAヘリカーゼ活性• GO:0001948タンパク質結合• 酵素結合• DNA複製起点結合• ヒドロラーゼ活性• ATP結合• 一本鎖DNA結合• GO:0043142一本鎖DNAヘリカーゼ活性• GO:0043140 3′-5’DNAヘリカーゼ活性
細胞成分
• 細胞質• 微小管細胞骨格• 核質• 複製起点認識複合体• クロマチン• MCM複合体• 核• 細胞質ゾル• 核小体
生物学的プロセス
• インターロイキン-4に対する細胞応答• ヌクレオソーム集合• G1期• DNA複製• DNA複製開始• DNA複製に関与するDNA巻き戻し• アポトーシス過程• 細胞周期• 蝸牛発達• 有糸分裂細胞周期のG1 / S移行• DNAの負の調節ヘリカーゼ活性• 切断誘導複製による二本鎖切断修復• 核細胞周期DNA複製に関与する複製前複合体集合• 有糸分裂DNA複製開始
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 4171 17216 Ensembl ENSG00000073111 ENSMUSG00000002870 UniProt P49736 P97310 RefSeq(mRNA) NM_004526 NM_008564
RefSeq(タンパク質) NP_004517 NP_032590
場所(UCSC)
Chr 3:127.6 – 127.62 Mb
Chr 6:88.88 – 88.9 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 関数
2 相互作用
3 も参照してください
4 参考文献
5 参考文献
関数
この遺伝子によってコードされるタンパク質は、真核生物のゲノム複製の開始に関与する高度に保存されたミニ染色体維持タンパク質(MCM)の1つです。MCMタンパク質によって形成される六量体タンパク質複合体は、複製前複合体(pre-RC)の重要な構成要素であり、複製フォークの形成や他のDNA複製関連タンパク質の動員に関与している可能性がこのタンパク質はMCM4、6、および7と複合体を形成し、複合体のヘリカーゼ活性を調節することが示されています。このタンパク質はリン酸化されているため、プロテインキナーゼCDC2およびCDC7によって調節されます。
相互作用
MCM2は、以下と相互作用することが示されています。 AKAP8、 細胞分裂周期7​​関連プロテインキナーゼ、 MCM3、 MCM4、
MCM5、
MCM6、
MCM7、 ORC1L、 ORC2L、 ORC4L、 ORC5L、および
複製タンパク質A1。
も参照してください
ミニ染色体のメンテナンス
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000073111 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000002870 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「MousePubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ Todorov IT、Lavigne J、Sakr F、Kaneva R、Foisy S、Bibor-Hardy V(1991年7月)。「核マトリックスタンパク質ミトチンメッセンジャーRNAは細胞周期の間一定レベルで発現されます」。Biochem Biophys ResCommun。177(1):395–400。土井:10.1016 / 0006-291X(91)91996-P。PMID 1710453。   ^ Mincheva A、Todorov I、Werner D、Fink TM、Lichter P(1994年1月)。「初期S期タンパク質ファミリーの新しいメンバーである核タンパク質BM28(CDCL1)のヒト遺伝子は、染色体バンド3q21にマッピングされます」。Cytogenet CellGenet。65(4):276–7。土井:10.1159 / 000133647。PMID 8258304。   ^ 「Entrez遺伝子:MCM2 MCM2ミニ染色体維持欠損2、ミトチン(S. cerevisiae)」。
^ Eide T、TaskénKA、Carlson C、Williams G、Jahnsen T、TaskénK、Collas P。「プロテインキナーゼAアンカータンパク質AKAP95は、DNA複製の調節因子であるMCM2と相互作用します」。J.Biol。化学。278(29):26750–6。土井:10.1074 /jbc.M300765200。PMID 12740381。   ^ f g h i j k Kneissl M、PütterV、Szalay AA、Grummt F。「酵母およびマウス細胞におけるマウスの複製前複合タンパク質の相互作用および集合」。J.Mol。Biol。327(1):111–28。土井:10.1016 / s0022-2836(03)00079-2。PMID 12614612。   ^ a b c 薮田N、梶村N、まやなぎK、佐藤M、後藤T、内山Y、石見Y、野島H。「哺乳類のMcm2 / 4/6/7複合体は、トロイダル構造を形成します」。遺伝子細胞。8(5):413–21。土井:10.1046 /j.1365-2443.2003.00645.x。PMID 12694531。S2CID 27707848。    ^ a b c You Z、駒村Y、石見Y(1999年12月)。「固有のMcm4-Mcm6-mcm7DNAヘリカーゼ活性の生化学的分析」。モル。細胞。Biol。19(12):8003–15。土井:10.1128 /MCB.19.12.8003。PMC 84885。PMID 10567526。    ^ 石見Y、一ノ瀬S、大森A、佐藤K、木村H(1996年9月)。「ヒトミニ染色体維持タンパク質とヒストンH3の結合」。J.Biol。化学。271(39):24115–22。土井:10.1074 /jbc.271.39.24115。PMID 8798650。   ^ DaFonseca CJ、Shu F、Zhang JJ。「MCM複合体の集合およびIFN-γに応答したStat1を介した転写活性化に重要なMCM5の2つの残基の同定」。手順 国立 Acad。科学 アメリカ。98(6):3034–9。土井:10.1073 /pnas.061487598。PMC 30602。PMID 11248027。    ^ Rual JF、Venkatesan K、Hao T、Hirozane-Kishikawa T、Dricot A、Li N、Berriz GF、Gibbons FD、Dreze M、Ayivi-Guedehoussou N、Klitgord N、Simon C、Boxem M、Milstein S、Rosenberg J、 Goldberg DS、Zhang LV、Wong SL、Franklin G、Li S、Albala JS、Lim J、Froughton C、Llamosas E、Cevik S、Bex C、Lamesch P、Sikorski RS、Vandenhaute J、Zoghbi HY、Smolyar A、Bosak S 、Sequerra R、Doucette-Stamm L、Cusick ME、Hill DE、Roth FP、Vidal M。「ヒトタンパク質間相互作用ネットワークのプロテオームスケールマップに向けて」。自然。437(7062):1173–8。土井:10.1038 / nature04209。PMID 16189514。S2CID 4427026。    ^ a b You Z、Ishimi Y、Masai H、Hanaoka F。「マウスMcm4 / 6/7複合体のDNAヘリカーゼ活性におけるMcm7およびMcm4サブユニットの役割」。J.Biol。化学。277(45):42471–9。土井:10.1074 /jbc.M205769200。PMID 12207017。   ^ 藤田M、清野T、林Y、石橋M(1997年4月)。「ヒトMCMヘテロ六量体複合体とクロマチンのinvivo相互作用。ATPの関与の可能性」。J.Biol。化学。272(16):10928–35。土井:10.1074 /jbc.272.16.10928。PMID 9099751。  
参考文献
野村直樹、宮島直樹、嵯塚徹、田中晃、河原林悠、佐藤晋、長瀬毅、関直樹、石川晃、田畑晋(1995)。「未確認のヒト遺伝子のコード配列の予測。I。ヒト未成熟骨髄細胞株KG-1からランダムにサンプリングされたcDNAクローンの分析によって推定された40の新しい遺伝子(KIAA0001-KIAA0040)のコード配列」。DNA解像度。1(1):27–35。土井:10.1093 / dnares /1.1.27。PMID  7584026。
野村直樹、宮島直樹、嵯塚徹、田中晃、河原林悠、佐藤晋、長瀬毅、関直樹、石川晃、田畑晋(1995)。「未確認のヒト遺伝子のコード配列の予測。I。ヒト未成熟骨髄細胞株KG-1(補足)からランダムにサンプリングされたcDNAクローンの分析によって推定された40の新しい遺伝子(KIAA0001-KIAA0040)のコード配列」。DNA解像度。1(1):47–56。土井:10.1093 / dnares /1.1.47。PMID  7584028。
中鶴S、須藤K、中村Y(1995)。「DNA複製に関与する酵母タンパク質に相同な産物をコードするヒト遺伝子(MCM2)の単離とマッピング」。Cytogenet。CellGenet。68(3–4):226–30。土井:10.1159 / 000133918。PMID  7842741。
Todorov IT、Pepperkok R、Philipova RN、Kearsey SE、Ansorge W、Werner D(1994)。「初期のS期タンパク質のファミリーと配列相同性のあるヒト核タンパク質は、S期への移行と細胞分裂に必要です」。J. CellSci。107(1):253–65。PMID  8175912。
石見恭子、一ノ瀬聡、大森晃、佐藤晃、木村秀樹(1996)。「ヒトミニ染色体維持タンパク質とヒストンH3の結合」。J.Biol。化学。271(39):24115–22。土井:10.1074 /jbc.271.39.24115。PMID  8798650。
藤田眞、山田晃、鶴見毅、花岡晃、松沢晃、稲垣眞(1998)。「ヒトMCMヘテロ六量体複合体の細胞周期およびクロマチン結合状態依存性リン酸化。cdc2キナーゼの役割」。J.Biol。化学。273(27):17095–101。土井:10.1074 /jbc.273.27.17095。PMID  9642275。
Jiang W、McDonald D、Hope TJ、Hunter T(1999)。「哺乳類のCdc7-Dbf4プロテインキナーゼ複合体はDNA複製の開始に不可欠です」。EMBOJ。18(20):5703–13。土井:10.1093 / emboj /18.20.5703。PMC  1171637。PMID  10523313。
You Z、Komamura Y、Ishimi Y(2000)。「固有のMcm4-Mcm6-mcm7DNAヘリカーゼ活性の生化学的分析」。モル。細胞。Biol。19(12):8003–15。土井:10.1128 /MCB.19.12.8003。PMC  84885。PMID  10567526。
石見悠、駒村小野悠、You Z、大森晃、北川眞(2000)。「サイクリンA / Cdk2によるリン酸化によるMcm4,6,7ヘリカーゼ活性の阻害」。J.Biol。化学。275(21):16235–41。土井:10.1074 /jbc.M909040199。PMID  10748114。
マサイH、マツイE、ユーZ、石見Y、玉井K、新井K(2000)。「ヒトCdc7関連キナーゼ複合体。CdkとCdc7の協調作用によるMCMのinvitroリン酸化およびCdc7bYCdkの重要なスレオニン残基のリン酸化」。J.Biol。化学。275(37):29042–52。土井:10.1074 /jbc.M002713200。PMID  10846177。
泉M、柳K、水野T、横井M、川崎Y、ムーンKY、ハーウィッツJ、八幡F、花岡F(2001)。「SaccharomycescerevisiaeMcm10のヒトホモログは、複製因子と相互作用し、G(2)期のヌクレアーゼ耐性核構造から解離します」。核酸解像度。28(23):4769–77。土井:10.1093 / nar /28.23.4769。PMC  115166。PMID  11095689。
Burke TW、Cook JG、Asano M、Nevins JR(2001)。「複製因子MCM2およびORC1はヒストンアセチルトランスフェラーゼHBO1と相互作用します」。J.Biol。化学。276(18):15397–408。土井:10.1074 /jbc.M011556200。PMID  11278932。
Tan DF、Huberman JA、Hyland A、Loewen GM、Brooks JS、Beck AF、Todorov IT、Bepler G(2002)。「MCM2–肺の前癌病変の有望なマーカー:コホート研究」。BMCCancer。1:6。DOI:10.1186 / 1471-2407-1-6。PMC  35283。PMID  11472637。
石見悠、駒村小野悠、新井晃、正井秀樹(2001)。「マウスMcm2タンパク質に関連する生化学的活性」。J.Biol。化学。276(46):42744–52。土井:10.1074 /jbc.M106861200。PMID  11568184。
Wohlschlegel JA、Dhar SK、Prokhorova TA、Dutta A、Walter JC(2002)。「XenopusMcm10はMcm2-7の後にDNA複製の起点に結合し、Cdc45の起点結合を刺激します」。モル。セル。9(2):233–40。土井:10.1016 / S1097-2765(02)00456-2。PMID  11864598。
小谷I、庄森K、大崎M、倉手I、領家K、伊藤H(2002)。「ミニ染色体維持2(MCM2)、Ki-67、および細胞周期関連分子の発現、および口腔粘膜の正常異形成-癌配列におけるアポトーシス」。病理生物学。69(3):150–8。土井:10.1159 / 000048770。PMID  11872961。S2CID  11047685。
エドワーズMC、タッターAV、Cvetic C、ギルバートCH、プロホロワTA、ウォルターJC(2002)。「MCM2-7複合体は、アフリカツメガエル卵抽出物の複製起点認識複合体を取り巻く分布パターンでクロマチンに結合します」。J.Biol。化学。277(36):33049–57。土井:10.1074 /jbc.M204438200。PMID  12087101。
大崎正樹、大崎正明、山下秀樹、庄森健一、吉田秀樹、伊藤秀樹(2003)。「ヒト悪性線維性組織球腫におけるミニ染色体維持-2の発現:Ki-67およびP53発現との相関、およびアポトーシス」。Int。J.Mol。Med。10(2):161–8。土井:10.3892 /ijmm.10.2.161。PMID  12119552。

投稿日:
カテゴリー: M