MCM4

MCM4
DNA複製ライセンス因子MCM4は、ヒトではMCM4遺伝子によってコードされるタンパク質です。 MCM4 識別子
エイリアス
MCM4、CDC21、CDC54、NKCD、NKGCD、P1-CDC21、hCdc21、ミニ染色体維持複合体コンポーネント4、IMD54
外部ID
OMIM:602638 MGI:103199 HomoloGene:40496 GeneCards:MCM4
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 8番染色体(ヒト)
バンド 8q11.21 開始
47,960,185 bp
終わり
47,978,160 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 16番染色体(マウス)
バンド
16 A2 | 16 10.09 cM
開始
15,623,897 bp
終わり
15,637,400 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• 一本鎖DNA結合• ヌクレオチド結合• GO:0004003 DNAヘリカーゼ活性• DNA結合• GO:0001948タンパク質結合• ヒドロラーゼ活性• ATP結合• GO:0008026ヘリカーゼ活性• DNA複製起点結合
細胞成分
• MCM複合体• 膜• 核• 核質
生物学的プロセス
• G1期• DNA複製• 細胞周期• DNA複製開始• DNA複製に関与するDNA巻き戻し• 有糸分裂細胞周期のG1 / S移行• ブレーク誘発性の複製を介した二本鎖切断修復• 核細胞に関与事前複製複雑なアセンブリサイクルDNA複製• DNA複製に関与するDNA鎖伸長• 有糸分裂DNA複製開始
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 4173 17217 Ensembl ENSG00000104738 ENSMUSG00000022673 UniProt P33991 P49717 RefSeq(mRNA) NM_005914 NM_182746 NM_008565
RefSeq(タンパク質) NP_005905 NP_877423 NP_032591
場所(UCSC)
Chr 8:47.96 – 47.98 Mb
Chr 16:15.62 – 15.64 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 関数
2 も参照してください
3 相互作用
4 参考文献
5 参考文献
関数
この遺伝子によってコードされるタンパク質は、真核生物のゲノム複製の開始に不可欠な高度に保存されたミニ染色体維持タンパク質(MCM)の1つです。MCMタンパク質によって形成される六量体タンパク質複合体は、複製前複合体(pre-RC)の重要な構成要素であり、複製フォークの形成や他のDNA複製関連タンパク質の動員に関与している可能性がこのタンパク質とMCM2、6、7タンパク質からなるMCM複合体は、DNAヘリカーゼ活性を有し、DNA巻き戻し酵素として作用する可能性がCDC2キナーゼによるこのタンパク質のリン酸化は、MCM複合体のDNAヘリカーゼ活性とクロマチン結合を低下させます。この遺伝子は、DNA二本鎖切断の修復に関与するDNA活性化プロテインキナーゼであるPRKDC / DNA-PKの隣の染色体8上の領域にマッピングされます。あるいは、同じタンパク質をコードするスプライシングされた転写変異体が報告されています。
も参照してください
ミニ染色体のメンテナンス
相互作用
MCM4は、以下と相互作用することが示されています。
細胞分裂周期7​​関連プロテインキナーゼ、
MCM2、
MCM6、
MCM7、 ORC1L、 ORC2L、 ORC3L、 ORC4L、 ORC5L、 ORC6L、および
複製タンパク質A1。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000104738 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000022673 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「MousePubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ Musahl C、Schulte D、Burkhart R、Knippers R(1995年8月)。「酵母複製タンパク質Cdc21のヒト同族列。他のMcmタンパク質との相互作用」。Eur JBiochem。230(3):1096–101。土井:10.1111 /j.1432-1033.1995.tb20660.x。PMID 7601140。   ^ 「Entrez遺伝子:MCM4 MCM4ミニ染色体維持欠損4(S。cerevisiae)」。
^ f g h i j Kneissl M、PütterV、Szalay AA、Grummt F。「酵母およびマウス細胞におけるマウスの複製前複合タンパク質の相互作用および集合」。J.Mol。Biol。327(1):111–28。土井:10.1016 / s0022-2836(03)00079-2。PMID 12614612。   ^ a b c 薮田N、梶村N、まやなぎK、佐藤M、後藤T、内山Y、石見Y、野島H。「哺乳類のMcm2 / 4/6/7複合体は、トロイダル構造を形成します」。遺伝子細胞。8(5):413–21。土井:10.1046 /j.1365-2443.2003.00645.x。PMID 12694531。S2CID 27707848。    ^ a b c 石見Y、一ノ瀬S、大森A、佐藤K、木村H(1996年9月)。「ヒトミニ染色体維持タンパク質とヒストンH3の結合」。J.Biol。化学。271(39):24115–22。土井:10.1074 /jbc.271.39.24115。PMID 8798650。   ^ You Z、Komamura Y、Ishimi Y(1999年12月)。「固有のMcm4-Mcm6-mcm7DNAヘリカーゼ活性の生化学的分析」。モル。細胞。Biol。19(12):8003–15。土井:10.1128 /MCB.19.12.8003。PMC 84885。PMID 10567526。    ^ a b You Z、Ishimi Y、Masai H、Hanaoka F。「マウスMcm4 / 6/7複合体のDNAヘリカーゼ活性におけるMcm7およびMcm4サブユニットの役割」。J.Biol。化学。277(45):42471–9。土井:10.1074 /jbc.M205769200。PMID 12207017。   ^ 藤田M、清野T、林Y、石橋M(1997年4月)。「ヒトMCMヘテロ六量体複合体とクロマチンのinvivo相互作用。ATPの関与の可能性」。J.Biol。化学。272(16):10928–35。土井:10.1074 /jbc.272.16.10928。PMID 9099751。  
参考文献
Hu B、Burkhart R、Schulte D、Musahl C、Knippers R(1994)。「P1ファミリー:酵母のMcm複製タンパク質に関連する新しいクラスの核哺乳類タンパク質」。核酸解像度。21(23):5289–93。土井:10.1093 / nar /21.23.5289-a。PMC  310560。PMID  8265339。
Schulte D、Richter A、Burkhart R、Musahl C、Knippers R(1996)。「ヒト核タンパク質p85Mcmの特性。発現、核局在化および他のMcmタンパク質との相互作用」。ユーロ。J.Biochem。235(1–2):144–51。土井:10.1111 /j.1432-1033.1996.00144.x。PMID  8631321。
石見恭子、一ノ瀬聡、大森晃、佐藤晃、木村秀樹(1996)。「ヒトミニ染色体維持タンパク質とヒストンH3の結合」。J.Biol。化学。271(39):24115–22。土井:10.1074 /jbc.271.39.24115。PMID  8798650。
Ladenburger EM、Fackelmayer FO、Hameister H、Knippers R(1997)。「MCM4とPRKDC、タンパク質MCM4とDNA-PKcsをコードするヒト遺伝子は、染色体8q12q13に位置する近接したものです」。Cytogenet。CellGenet。77(3–4):268–70。土井:10.1159 / 000134594。PMID  9284934。
石見Y(1997)。「DNAヘリカーゼ活性は、MCM4、-6、および-7タンパク質複合体に関連しています」。J.Biol。化学。272(39):24508–13。土井:10.1074 /jbc.272.39.24508。PMID  9305914。
コネリーMA、チャンH、キエレクザワJ、アンダーソンCW(1998)。「ヒトDNA-PKcs(PRKDC)およびMCM4のプロモーター:染色体8バンドq11に位置する多様に転写された遺伝子」。ゲノミクス。47(1):71–83。土井:10.1006 /geno.1997.5076。PMID  9465298。
藤田眞、山田晃、鶴見毅、花岡晃、松沢晃、稲垣眞(1998)。「ヒトMCMヘテロ六量体複合体の細胞周期およびクロマチン結合状態依存性リン酸化。cdc2キナーゼの役割」。J.Biol。化学。273(27):17095–101。土井:10.1074 /jbc.273.27.17095。PMID  9642275。
You Z、Komamura Y、Ishimi Y(2000)。「固有のMcm4-Mcm6-Mcm7DNAヘリカーゼ活性の生化学的分析」。モル。細胞。Biol。19(12):8003–15。土井:10.1128 /MCB.19.12.8003。PMC  84885。PMID  10567526。
石見悠、駒村小野悠、You Z、大森晃、北川眞(2000)。「サイクリンA / Cdk2によるリン酸化によるMcm4,6,7ヘリカーゼ活性の阻害」。J.Biol。化学。275(21):16235–41。土井:10.1074 /jbc.M909040199。PMID  10748114。
泉M、柳K、水野T、横井M、川崎Y、ムーンKY、ハーウィッツJ、八幡F、花岡F(2001)。「SaccharomycescerevisiaeMcm10のヒトホモログは、複製因子と相互作用し、G2期のヌクレアーゼ耐性核構造から解離します」。核酸解像度。28(23):4769–77。土井:10.1093 / nar /28.23.4769。PMC  115166。PMID  11095689。
Lee JK、Hurwitz J(2001)。「ミニ染色体維持タンパク質4、6、および7複合体のプロセッシブDNAヘリカーゼ活性には、分岐したDNA構造が必要です」。手順 国立 Acad。科学 アメリカ。98(1):54–9。土井:10.1073 /pnas.98.1.54。PMC  14543。PMID  11136247。
石見悠、駒村小野悠(2001)。「サイクリン依存性キナーゼによる特定の部位でのMcm4のリン酸化は、Mcm4,6,7ヘリカーゼ活性の喪失につながります」。J.Biol。化学。276(37):34428–33。土井:10.1074 /jbc.M104480200。PMID  11454864。
You Z、Ishimi Y、Masai H、Hanaoka F(2003)。「マウスMcm4 / 6/7複合体のDNAヘリカーゼ活性におけるMcm7およびMcm4サブユニットの役割」。J.Biol。化学。277(45):42471–9。土井:10.1074 /jbc.M205769200。PMID  12207017。
Kneissl M、PütterV、Szalay AA、Grummt F(2003)。「酵母およびマウス細胞におけるマウスの複製前複合タンパク質の相互作用および集合」。J.Mol。Biol。327(1):111–28。土井:10.1016 / S0022-2836(03)00079-2。PMID  12614612。
薮田N、梶村N、まやなぎK、佐藤M、後藤T、内山Y、石見Y、野島H(2004)。「哺乳類のMcm2 / 4/6/7複合体は、トロイダル構造を形成します」。遺伝子細胞。8(5):413–21。土井:10.1046 /j.1365-2443.2003.00645.x。PMID  12694531。S2CID  27707848。
石見悠、駒村小野悠、クォンHJ、山田K、中西M(2003)。「DNA複製ブロックチェックポイントシステムのターゲットとしてのMCM4の識別」。J.Biol。化学。278(27):24644–50。土井:10.1074 /jbc.M213252200。PMID  12714602。
ジョンソンEM、木下Y、ダニエルDC(2003)。「ヒトMCM8遺伝子によってコードされるMCMタンパク質ファミリーの新しいメンバーで、染色体バンド20p12.3–13でGCD10の反対側に位置しています」。核酸解像度。31(11):2915–25。土井:10.1093 / nar / gkg395。PMC  156728。PMID  12771218。

投稿日:
カテゴリー: M