MCM5

MCM5
DNA複製ライセンス因子MCM5は、ヒトではMCM5遺伝子によってコードされるタンパク質です。 MCM5 識別子
エイリアス
MCM5、CDC46、P1-CDC46、ミニ染色体維持複合体コンポーネント5、MGORS8
外部ID
OMIM:602696 MGI:103197 HomoloGene:4904 GeneCards:MCM5
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 22番染色体(ヒト)
バンド 22q12.3 開始
35,400,134 bp
終わり
35,425,431 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 8番染色体(マウス)
バンド
8 | 8 C1
開始
75,109,569 bp
終わり
75,128,439 bp
RNA発現パターン
その他の参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能
• ヌクレオチド結合• DNA結合• GO:0004003 DNAヘリカーゼ活性• DNA複製起点結合• クロマチン結合• GO:0001948タンパク質結合• ヒドロラーゼ活性• ATP結合• GO:0008026ヘリカーゼ活性• 一本鎖DNA結合• GO:0043142シングル-鎖状DNAヘリカーゼ活性• GO:0043140 3′-5’DNAヘリカーゼ活性
細胞成分
• MCM複合体• 膜• 核• 核質• 細胞質• 細胞質ゾル
生物学的プロセス
• G1期• DNA複製• 細胞周期• DNA二重巻き戻し• DNA複製開始• 有糸分裂細胞周期のG1 / S移行• 切断誘導複製による二本鎖切断修復• 核細胞周期DNA複製に関与する複製前の複雑な集合
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 4174 17218 Ensembl ENSG00000100297 ENSMUSG00000005410 UniProt P33992 P49718 RefSeq(mRNA) NM_006739 NM_008566 NM_001302540
RefSeq(タンパク質) NP_006730 NP_001289469 NP_032592
場所(UCSC)
22番染色体:35.4 – 35.43 Mb
Chr 8:75.11 – 75.13 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 関数
2 も参照してください
3 相互作用
4 参考文献
5 参考文献
関数
この遺伝子によってコードされるタンパク質は、DNA複製の開始に関与するタンパク質であるS.cerevisiaeのCDC46タンパク質と構造的に非常に類似しています。コードされたタンパク質は、クロマチン結合タンパク質のMCMファミリーのメンバーであり、このファミリーの他の少なくとも2つのメンバーと相互作用することができます。コードされたタンパク質は、細胞周期のG0期からG1 / S期への移行時にアップレギュレートされ、細胞周期の調節に積極的に関与する可能性が
も参照してください
ミニ染色体のメンテナンス
相互作用
MCM5は、以下と相互作用することが示されています。
細胞分裂周期7​​関連プロテインキナーゼ、
MCM2、
MCM3、
MCM7、 ORC2L、 ORC6L、および
STAT1。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000100297 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000005410 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。 ^ 「MousePubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ Paul R、Hu B、Musahl C、Hameister H、Knippers R(1996年9月)。「複製タンパク質hCdc46 / Mcm5のヒト遺伝子(CDC46)のコーディング配列と染色体マッピング」。Cytogenet CellGenet。73(4):317–21。土井:10.1159 / 000134366。PMID 8751386。   ^ Dunham I、Shimizu N、Roe BA、Chissoe S、Hunt AR、Collins JE、Bruskiewich R、Beare DM、Clamp M、Smink LJ、Ainscough R、Almeida JP、Babbage A、Bagguley C、Bailey J、Barlow K、Bates KN、Beasley O、Bird CP、Blakey S、Bridgeman AM、Buck D、Burgess J、Burrill WD、O’Brien KP(1999年12月)。「ヒト22番染色体のDNA配列」。自然。402(6761):489–95。土井:10.1038 / 990031。PMID 10591208。   ^ a b “Entrez Gene:MCM5 MCM5ミニ染色体維持欠損5、細胞分裂周期46(S。cerevisiae)”。
^ f Kneissl M、PütterV、Szalay AA、Grummt F。「酵母およびマウス細胞におけるマウスの複製前複合タンパク質の相互作用および集合」。J.Mol。Biol。327(1):111–28。土井:10.1016 / s0022-2836(03)00079-2。PMID 12614612。   ^ DaFonseca CJ、Shu F、Zhang JJ。「MCM複合体の集合およびIFN-γに応答したStat1を介した転写活性化に重要なMCM5の2つの残基の同定」。手順 国立 Acad。科学 アメリカ。98(6):3034–9。土井:10.1073 /pnas.061487598。PMC 30602。PMID 11248027。    ^ 藤田M、清野T、林Y、石橋M(1997年4月)。「ヒトMCMヘテロ六量体複合体とクロマチンのinvivo相互作用。ATPの関与の可能性」。J.Biol。化学。272(16):10928–35。土井:10.1074 /jbc.272.16.10928。PMID 9099751。   ^ Zhang JJ、Zhao Y、Chait BT、Lathem WW、Ritzi M、Knippers R、Darnell JE(1998年12月)。「IFN-γ誘導性転写活性化におけるStat1alphaによるMCM5のSer727依存性動員」。EMBOJ。17(23):6963–71。土井:10.1093 / emboj /17.23.6963。PMC 1171044。PMID 9843502。   
参考文献
Burkhart R、Schulte D、Hu D、Musahl C、GöhringF、Knippers R(1995)。「ヒト核タンパク質P1Mcm3とP1Cdc46の相互作用」。ユーロ。J.Biochem。228(2):431–8。土井:10.1111 /j.1432-1033.1995.tb20281.x。PMID  7705359。
丸山K、菅野S(1994)。「オリゴキャッピング:真核生物のmRNAのキャップ構造をオリゴリボヌクレオチドに置き換える簡単な方法」。遺伝子。138(1–2):171–4。土井:10.1016 / 0378-1119(94)90802-8。PMID  8125298。
Hu B、Burkhart R、Schulte D、Musahl C、Knippers R(1994)。「P1ファミリー:酵母のMcm複製タンパク質に関連する新しいクラスの核哺乳類タンパク質」。核酸解像度。21(23):5289–93。土井:10.1093 / nar /21.23.5289-a。PMC  310560。PMID  8265339。
石見恭子、一ノ瀬聡、大森晃、佐藤晃、木村秀樹(1996)。「ヒトミニ染色体維持タンパク質とヒストンH3の結合」。J.Biol。化学。271(39):24115–22。土井:10.1074 /jbc.271.39.24115。PMID  8798650。
藤田眞、清野毅、林悠、石橋眞(1997)。「ヒトMCMヘテロ六量体複合体とクロマチンのinvivo相互作用。ATPの関与の可能性」。J.Biol。化学。272(16):10928–35。土井:10.1074 /jbc.272.16.10928。PMID  9099751。
敦賀H、薮田N、橋爪K、池田M、遠藤Y、野島H(1997)。「ヒトMCM / P1タンパク質の発現、核局在化および相互作用」。生化学。生物物理学。解像度 コミュン。236(1):118–25。土井:10.1006 /bbrc.1997.6865。PMID  9223437。
鈴木恭子、吉友中川健一、丸山健一、須山晃、菅野智之(1997)。「完全長濃縮および5 ‘末端濃縮cDNAライブラリーの構築と特性評価」。遺伝子。200(1–2):149–56。土井:10.1016 / S0378-1119(97)00411-3。PMID  9373149。
Zhang JJ、Zhao Y、Chait BT、Lathem WW、Ritzi M、Knippers R、Darnell JE(1999)。「IFN-γ誘導性転写活性化におけるStat1alphaによるMCM5のSer727依存性動員」。EMBOJ。17(23):6963–71。土井:10.1093 / emboj /17.23.6963。PMC  1171044。PMID  9843502。
大谷K、岩永R、中村M、池田M、薮田N、敦賀H、野島H(1999)。「転写因子E2Fによって媒介される哺乳類MCM5およびMCM6遺伝子の細胞増殖調節発現」。オンコジーン。18(14):2299–309。土井:10.1038 /sj.onc.1202544。PMID  10327050。
DaFonseca CJ、Shu F、Zhang JJ(2001)。「MCM複合体の集合およびIFN-γに応答したStat1を介した転写活性化に重要なMCM5の2つの残基の同定」。手順 国立 Acad。科学 アメリカ。98(6):3034–9。土井:10.1073 /pnas.061487598。PMC  30602。PMID  11248027。
Going JJ、Keith WN、Neilson L、Stoeber K、Stuart RC、Williams GH(2002)。「異形成扁平上皮食道上皮およびバレット粘膜におけるミニ染色体維持タンパク質2および5、ならびにKi-67の異常な発現」。腸。50(3):373–7。土井:10.1136 /gut.50.3.373。PMC  1773132。PMID  11839717。
Kneissl M、PütterV、Szalay AA、Grummt F(2003)。「酵母およびマウス細胞におけるマウスの複製前複合タンパク質の相互作用および集合」。J.Mol。Biol。327(1):111–28。土井:10.1016 / S0022-2836(03)00079-2。PMID  12614612。
Bouwmeester T、Bauch A、Ruffner H、Angrand PO、Bergamini G、Croughton K、Cruciat C、Eberhard D、Gagneur J、Ghidelli S、Hopf C、Huhse B、Mangano R、Michon AM、Schirle M、Schlegl J、Schwab M 、Stein MA、Bauer A、Casari G、Drewes G、Gavin AC、Jackson DB、Joberty G、Neubauer G、Rick J、Kuster B、Superti-Furga G(2004)。「ヒトTNF-α/NF-κBシグナル伝達経路の物理的および機能的地図」。ナット CellBiol。6(2):97–105。土井:10.1038 / ncb1086。PMID  14743216。
ラマチャンドランN、ヘインズワースE、ブラールB、アイゼンスタインS、ローゼンB、ラウAY、ウォルターJC、ラバーJ(2004)「自己組織化タンパク質マイクロアレイ」。科学。305(5680):86–90。土井:10.1126 /science.1097639。PMID  15232106。
Yu Z、Feng D、Liang C(2004)。「6つのヒトMCMタンパク質サブユニットのペアワイズ相互作用」。J.Mol。Biol。340(5):1197–206。土井:10.1016 /j.jmb.2004.05.024。PMID  15236977。
Jin J、Smith FD、Stark C、Wells CD、Fawcett JP、Kulkarni S、Metalnikov P、O’Donnell P、Taylor P、Taylor L、Zougman A、Woodgett JR、Langeberg LK、Scott JD、Pawson T(2004)「細胞骨格の調節と細胞組織に関与するinvivo14-3-3結合タンパク質のプロテオミクス、機能、およびドメインベースの分析」。Curr。Biol。14(16):1436–50。土井:10.1016 /j.cub.2004.07.051。PMID  15324660。
Stub icon   人間の22番染色体上の遺伝子に関するこ

投稿日:
カテゴリー: M