MCRL2

MCRL2
mCRL2は、並行離散イベントシステムを記述するための仕様言語です。これには、動作のシミュレーション、分析、および視覚化のためのツール、手法、および方法を容易にするツールセットが付属しています。言語の動作部分は、プロセス代数(コミュニケーションプロセスの代数)に基づいています。ツールセットのデータ部分は、高階関数で拡張された抽象的な等式データ型に基づいています。
ツールセットはJanFriso Grooteによって設立され、現在、オランダのアイントホーフェン工科大学の正式なシステム分析グループによって開発されています。
参考文献
Groote、JF、Mousavi、MR通信システムのモデリングと分析。MITプレス。2014年ISBN  9780262027717。
外部リンク
mCRL2のWebサイト

投稿日:
カテゴリー: M