MDH1

MDH1
リンゴ酸デヒドロゲナーゼ1としても知られる細胞質のリンゴ酸デヒドロゲナーゼは、ヒトではMDH1遺伝子によってコードされる酵素です。 MDH1 識別子
エイリアス
MDH1、HEL-S-32、MDH-s、MDHA、MGC:1375、MOR2、リンゴ酸デヒドロゲナーゼ1、EIEE88、DEE88、KAR
外部ID
OMIM:154200 MGI:97051 HomoloGene:4324 GeneCards:MDH1
EC番号
1.1.1.96
遺伝子の位置(ヒト) Chr。 2番染色体(ヒト)
バンド 2p15 開始
63,588,609 bp
終わり
63,607,197 bp
遺伝子の位置(マウス) Chr。 11番染色体(マウス)
バンド
11 A3.1 | 11 13.89 cM
開始
21,556,692 bp
終わり
21,572,367 bp
遺伝子オントロジー
分子機能
• リンゴ酸酵素活性• ドナーのCH-OHグループに作用するオキシドレダクターゼ活性、アクセプターとしてのNADまたはNADP • オキシドレダクターゼ活性• GO:0001948タンパク質結合• ジヨードフェニルピルビン酸レダクターゼ活性• リンゴ酸デヒドロゲナーゼ活性• NAD結合• 触媒活性• L-リンゴ酸デヒドロゲナーゼ活性
細胞成分
• 細胞外エクソソーム• ミエリン鞘• 細胞外空間• 細胞質• ミトコンドリア• サイトゾル
生物学的プロセス
• 糖新生• NAD代謝プロセス• カルボン酸代謝プロセス• トリカルボン酸回路• オキサロ酢酸代謝プロセス• リンゴ酸代謝プロセス• NADH代謝プロセス• 炭水化物代謝プロセス
出典:Amigo / QuickGO
オーソログ 種 人間
マウス Entrez 4190 17449 Ensembl ENSG00000014641 ENSMUSG00000020321 UniProt P40925 P14152 RefSeq(mRNA)
NM_005917 NM_001199111 NM_001199112 NM_001316374 NM_008618 NM_001316675 RefSeq(タンパク質)
NP_001186040 NP_001186041 NP_001303303 NP_005908 NP_001303604 NP_032644 場所(UCSC)
Chr 2:63.59 – 63.61 Mb
Chr 11:21.56 – 21.57 Mb
PubMed検索
ウィキデータ
人間の表示/
マウスの表示/
内容
1 関数
2 規制
3 インタラクティブパスウェイマップ
4 参考文献
5 参考文献
関数
リンゴ酸デヒドロゲナーゼは、クエン酸回路でNAD / NADH補因子システムを利用して、リンゴ酸のオキサロ酢酸への可逆的酸化を触媒します。この遺伝子によってコードされるタンパク質は細胞質に局在しており、細胞質ゾルとミトコンドリアおよびクリテラの間の代謝協調で機能するリンゴ酸-アスパラギン酸シャトルにおいて極めて重要な役割を果たす可能性があるいは、異なるアイソフォームをコードするスプライシングされた転写変異体がこの遺伝子で発見されています。
規制
MDH1のアセチル化は、その酵素活性を活性化し、NADPHの細胞内レベルを高め、脂肪生成分化を促進します。
アルギニン248(R248)のメチル化は、MDH1を負に調節します。タンパク質アルギニンメチルトランスフェラーゼ4(PRMT4 / CARM1)は、MDH1の二量体化を妨害することにより、MDH1をメチル化して阻害します。MDH1のアルギニンメチル化はミトコンドリアの呼吸を抑制し、グルタミンの利用を阻害します。CARM1を介したMDH1メチル化は、細胞のNADPHレベルを低下させ、細胞を酸化ストレスに敏感にします。さらに、MDH1メチル化は細胞増殖とクローン原性活性を抑制します。MDH1のR248は、膵管腺癌で低メチル化されています。
インタラクティブパスウェイマップ
以下の遺伝子、タンパク質、代謝物をクリックして、それぞれの記事にリンクして
[[ファイル:
GlycolysisGluconeogenesis_WP534] ] ] ] ] ] ] ]] ] ] ] ] ] ] ]] ] ] ] ] ] ] ]] ] ] ] ] ] ] ]] ] ] ] ] ] ] ]] ] ] ] ] ] ] ]] ] ] ] ] ] ] ]] ] ] ] ] ] ] ]] ] ] ] ] ] ] ]] ] ]GlycolysisGluconeogenesis_WP534
| alt =解糖と糖新生の]]
解糖と糖新生の
^ インタラクティブパスウェイマップはWikiPathwaysで
できます: “GlycolysisGluconeogenesis_WP534″。
参考文献
^ a b c GRCh38:Ensemblリリース89:ENSG00000014641 – Ensembl、2017年5月 ^ a b c GRCm38:Ensemblリリース89:ENSMUSG00000020321 – Ensembl、2017年5月 ^ 「HumanPubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ 「MousePubMedリファレンス:」。米国国立バイオテクノロジー情報センター、米国国立医学図書館。
^ a b “Entrez Gene:リンゴ酸デヒドロゲナーゼ1、NAD(可溶性)”。
^ Kim EY、Kim WK、Kang HJ、Kim JH、Chung SJ、Seo YS、Park SG、Lee SC、Bae KH。「リンゴ酸デヒドロゲナーゼ1のアセチル化は、その酵素活性を活性化することにより脂肪生成分化を促進します」。J脂質解像度。53(9):1864–76。土井:10.1194 /jlr.M026567。PMC 3413227。PMID 22693256。    ^ Wang YP、Zhou W、Wang J、Huang X、Zuo Y、Wang TS、Gao X、Xu YY、Zou SW、Liu YB、Cheng JK、Lei QY。「CARM1によるMDH1のアルギニンメチル化はグルタミン代謝を阻害し、膵臓癌を抑制します」。分子細胞。64(4):673–87。土井:10.1016 /j.molcel.2016.09.028。PMID 27840030。  
参考文献
Fahien LA、Laboy JI、Din ZZ、Prabhakar P、Budker T、Chobanian M(1999年4月)。「細胞質ゾルのリンゴ酸デヒドロゲナーゼおよび乳酸デヒドロゲナーゼが、細胞質ゾルのグリセロール-3-リン酸デヒドロゲナーゼによるNADPHとNADHの酸化の比率を増加させる能力」。生化学および生物物理学のアーカイブ。364(2):185–94。土井:10.1006 /abbi.1999.1117。PMID  10190973。
Kaltenbach LS、Romero E、Becklin RR、Chettier R、Bell R、Phansalkar A、Strand A、Torcassi C、Savage J、Hurlburt A、Cha GH、Ukani L、Chepanoske CL、Zhen Y、Sahasrabudhe S、Olson J、Kurschner C 、Ellerby LM、Peltier JM、Botas J、Hughes RE。「ハンチンチン相互作用タンパク質は神経変性の遺伝的修飾因子です」。PLOS遺伝学。3(5):e82。土井:10.1371 /journal.pgen.0030082。PMC  1866352。PMID  17500595。
Rio Frio T、Panek S、Iseli C、Di Gioia SA、Kumar A、Gal A、Rivolta C(2009)。「超ハイスループットシーケンシングは、RP28関連網膜色素変性症の候補遺伝子としてMDH1を除外します」。分子ビジョン。15:2627–33。PMC  2790479。PMID  20011630。
田中徹、稲沢淳、中村悠(1996年2月)。「サイトゾルリンゴ酸デヒドロゲナーゼ(MDH1)のヒトcDNAの分子クローニングとマッピング」。ゲノミクス。32(1):128–30。土井:10.1006 /geno.1996.0087。PMID  8786100。
フリードリヒCA、フェレルRE、シチリアーノMJ、キットGB(1988年1月)。「ヒト赤血球からのα-ケト酸レダクターゼおよび細胞質リンゴ酸デヒドロゲナーゼの生化学的および遺伝的同一性」。人間遺伝学の年報。52(Pt 1):25–37。土井:10.1111 /j.1469-1809.1988.tb01075.x。PMID  3052244。S2CID  41389918。
Chapman AD、CortésA、Dafforn TR、Clarke AR、Brady RL(1999年1月)。「リンゴ酸デヒドロゲナーゼにおける基質特異性の構造的基礎:ブタ細胞質リンゴ酸デヒドロゲナーゼ、α-ケトマロネートおよびテトラヒドロNADの三元複合体の結晶構造」。分子生物学ジャーナル。285(2):703–12。土井:10.1006 /jmbi.1998.2357。PMID  10075524。
Martins-de-Souza D、Gattaz WF、Schmitt A、Maccarrone G、Hunyadi-GulyásE、Eberlin MN、Souza GH、Marangoni S、Novello JC、Turck CW、Dias-Neto E。「背外側前頭前野のプロテオミクス分析は、統合失調症における細胞骨格、希突起膠細胞、エネルギー代謝および新しい潜在的マーカーの関与を示しています」。Journal of PsychiatricResearch。43(11):978–86。土井:10.1016 /j.jpsychires.2008.11.006。PMID  19110265。
Corbett JM、Wheeler CH、Baker CS、Yacoub MH、Dunn MJ(1994年11月)。「ヒト心筋二次元ゲルタンパク質データベース:1994年更新」。電気泳動。15(11):1459–65。土井:10.1002 /elps.11501501209。PMID  7895732。S2CID  33359306。
には、パブリックドメインにある米国国立医学図書館のテキストが組み込まれています。
Stub icon   ヒト2番染色体上の遺伝子に関するこ

投稿日:
カテゴリー: M