K-1アリーナファイターズ


K-1_The_Arena_Fighters

K-1 The Arena Fightersは、日本ではFighting Illusion〜K-1 GRAND PRIX〜として知られ、日本のスタジオDaft Co.によって開発され、1996年から1997年にPlayStation向けにとTHQによって公開されたビデオゲームです。
K-1アリーナファイターズ
開発者
ダフト株式会社
出版社
JP: Xing Entertainment
WW: THQ
シリーズ
K-1ファイティング
プラットフォーム
プレイステーション
リリース
JP: 1996年8月9日
NA: 1997年2月28日
EU: 1997年5月
ジャンル
ファインティング
モード
シングルプレイヤー、マルチプレイヤー

コンテンツ
1 受信
2 ノート
3 参考文献
4 外部リンク

受信
受信
総合スコア
アグリゲーター
スコアGameRankings 65%
スコアを確認する
出版物
スコア EGM 7.5 / 10
EPデイリー
7.5 / 10
ファミ通
25/40
ゲームインフォーマー
6.75 / 10 GamePro
 
 
 
 
GameSpot
5.8 / 10 IGN 4.5 / 10
ジョイパッド
3/10
次世代

 
 
 
 
  ゲームはさまざまなレビューを受けました。次世代は、「開発者は格闘ジャンルにリアリズムを追加しようとしたことで称賛されるべきですが、実際のゲームの仕組みの実装はまったく別の話です。厄介な遅い応答に悩まされて、K-1は結局のところ演習になります欲求不満。すべての実用的な目的で、プレーヤーは1つか2つのパンチまたはキックに制限されます。これは、リアリズムのためにゲームプレイを犠牲にし、すぐにかなり疲れます。」日本では、ファミ通は40点満点中25点を獲得しました。

ノート
^ GameProは、グラフィックス、サウンド、およびコントロールについて3つの4.5 / 5スコアをゲームに与え、全体的な楽しみの要素として4/5を与えました。

参考文献
^ 「K-1プレイステーション用アリーナファイターズ」。GameRankings。CBSインタラクティブ。2019年5月1日にオリジナルからアーカイブされました。
^ Kujawa、Kraig; ヘイガー、ディーン(1997年5月)。「K-1アリーナファイターズ」。エレクトロニックゲーミングマンスリー。No. 94.ZiffDavis。p。116。
^ ルーカス、ビクター(1997年4月29日)。「K-1:アリーナファイターズ」。電気遊び場。Greedy Productions、Inc. 2002年7月24日のオリジナルからアーカイブ。
^ “”ファイティングイリュージョン〜K-1 GRAND PRIX〜””。ファミ通。エンターブレイン。
^ 「K-1アリーナファイターズ」。ゲームインフォーマー。No.46.FuncoLand 。_ 1997年2月。1997年10月21日のオリジナルからアーカイブ。
^ ルーキー(1997年5月)。「K-1アリーナファイターズ」。GamePro。No.104.IDGエンターテインメント。p。84 。
^ Gerstmann、Jeff(1997年2月27日)。「K1アリーナファイターズレビュー[日付は「2000年5月2日」と誤って表示されました]」。GameSpot。CBSインタラクティブ。
^ IGNスタッフ(1997年9月3日)。「K-1アリーナファイターズ」。IGN。ZiffDavis 。
^ 「K-1アリーナファイターズ」。ジョイパッド(フランス語)。No.75.1998年5月。p。133 。
^ “”K-1 TheArenaFighters””。次世代。No.30.メディアを想像してみて1997年6月。116、118ページ。

外部リンク
K- 1MobyGamesのアリーナ

  このスポーツゲーム関連