K-1ワールドグランプリ


K-1_World_Grand_Prix
する必要があります
K-1ワールドGPとしても知られるK -1ワールドグランプリは、1993年からK-1組織によって毎年開催されているエリミネーションキックボクシングトーナメントです。毎年、K-1は世界中でさまざまな16人、8試合のグランプリスタイルのトーナメントを開催し、どの16人のファイターがK-1ワールドGPに出場するかを決定します。このトーナメントには9人の異なる勝者がおり、 ErnestoHoostとSemmySchiltがそれぞれ4回勝ちました。

コンテンツ
1 マッチアップ
2 K-1ワールドグランプリの日程と会場
3 チャンピオンズ
4 も参照してください
5 外部リンク

マッチアップ

  2005年までのK-1資格制度
通常、16人の8試合トーナメントの準々決勝の戦闘員は抽選でペアになります。東京ドームでの決勝戦の場合は大きく異なります。イベント全体は、式典と記者会見と組み合わされています。このプロセスは、最初はすべての戦闘機がガラスのボウルからボールを​​引く宝くじのショーのように見えます。ボールは1から8までの数字を表し、ポスターの描かれたブラケット(AからH)の前に立って、巨大なトーナメントツリーの図から位置を選択する際の戦闘機の順序を決定します。これは、戦闘機のコーナーの色と一致の行番号。次の戦闘機も同じことをしますが、ステージ上の戦闘機に挑戦するか、「空の」セクションに挑戦するかを選択できるようになりました。この手順は、1人の戦闘機の隣に残っている1つのスロットを埋めるだけの選択肢がない1人の戦闘機が残るまで続きます。このシステムは、少しの運の助けを借りて、戦闘機に選択の自由と戦術を与えます。

K-1ワールドグランプリの日程と会場イベント 開会日
最終ラウンドの日付 国 K-1ワールドグランプリ1993 該当なし 1993年4月3日
日本
K-1ワールドグランプリ1994 該当なし 1994年4月30日
日本
K-1ワールドグランプリ1995 1995年3月3日
1995年5月4日
日本
K-1ワールドグランプリ1996 1996年3月10日
1996年5月6日
日本
K-1ワールドグランプリ1997 1997年9月7日
1997年11月9日
日本
K-1ワールドグランプリ1998 1998年9月27日
1998年12月13日
日本
K-1ワールドグランプリ1999 1999年10月5日
1999年12月5日
日本
K-1ワールドグランプリ2000 該当なし 2000年12月10日
日本
K-1ワールドグランプリ2001 該当なし 2001年12月8日
日本
K-1ワールドグランプリ2002 2002年10月5日
2002年12月7日
日本
K-1ワールドグランプリ2003 2003年10月11日
2003年12月6日
日本
K-1ワールドグランプリ2004 2004年9月25日
2004年12月4日
日本
K-1ワールドグランプリ2005 2005年9月23日
2005年11月19日
日本
K-1ワールドグランプリ2006 2006年9月30日
2006年11月25日
日本
K-1ワールドグランプリ2007 2007年9月29日
2007年12月8日
韓国、日本
K-1ワールドグランプリ2008 2008年9月27日
2008年12月6日
韓国、日本
K-1ワールドグランプリ2009 2009年9月26日
2009年12月5日
韓国、日本
K-1ワールドグランプリ2010 2010年10月2日
2010年12月11日
日本
K-1ワールドグランプリ2012 2012年9月8日
2013年3月15日
クロアチア

チャンピオンズ 年 勝者
国籍
準優勝
国籍
1993年 ブランコ・シカティッチ

  アーネスト・ホースト

  1994年 ピーター・アーツ

  佐竹雅昭

  1995年 ピーター・アーツ

  ジェロム・ル・バナー

  1996年 アンディ・フグ

  マイク・ベルナルド

  1997年 アーネスト・ホースト

  アンディ・フグ

  1998年 ピーター・アーツ

  アンディ・フグ

  1999年 アーネスト・ホースト

  ミルコ・フィリポビッチ

  2000 アーネスト・ホースト

  レイ・セフォー

  2001年 マークハント

  フランシスコ・フィリョ

  2002年 アーネスト・ホースト

  ジェロム・ル・バナー

  2003年 レミー・ボンヤスキー

  武蔵

  2004年 レミー・ボンヤスキー

  武蔵

  2005年 セミー・シュルト

  グラウベ・フェイトーザ

  2006年 セミー・シュルト

  ピーター・アーツ

  2007年 セミー・シュルト

  ピーター・アーツ

  2008年 レミー・ボンヤスキー

  バダ・ハリ

  2009年 セミー・シュルト

  バダ・ハリ

  2010 アリスター・オーフレイム

  ピーター・アーツ

  2012年 ミルコ・フィリポビッチ

  イスマエル・ロント

 

も参照してください
K-1イベントのリスト
PRIDEイベントのリスト
男性のキックボクサーのリスト

外部リンク
K-1ジャパン公式サイト
K-1ワールド公式サイト”