サルガマッサローマフィッシュファーム


S’Argamassa_Roman_Fish_Farm

S’Argamassa Roman Fish Farmは、スペインのイビサ島にあるサンタエウラリアデリウの町から海岸沿いの東に2.8マイル(4.5 km)にそれはSantaEulàriadesRiuの自治体にローマ人は、紀元前146年に島を占領した後、この養魚場と接続水道橋を建設しました。
サルガマッサローマフィッシュファーム
サンタエウレリアのs’Argamassaにあるローマの石の水道橋の遺跡
位置
北緯38度59分27秒東経 1度34分14秒 / 北緯38.99083度東経1.57056度 / 38.99083; 1.57056 領域 イビサ
タイプ
ローマの養魚場
長さ
425メートル(水道)
歴史
ビルダー
ローマ人
設立
紀元前146年頃
サイトノート
状態
遺跡
管理
Consell d’Eivissa
パブリック・アクセス
どんなときも

コンテンツ
1 歴史と場所
1.1 漁業 1.2 水路 1.3 製造 1.4 発酵タンク
2 ギャラリー
3 参考文献

歴史と場所
ローマ人は島占めるように到着したイビサを後倒しし、破壊カルタゴ帝国を146紀元前に。この島はローマ帝国内で南軍の地位を与えられ、Ebusus Federatae Civitae (イビサの連邦都市)として知られていました。この結果、島はその経済に大きな後押しを経験しました。塩採掘と農業活動は、この時期に島に大きな富をもたらしました。

漁業
島嶼経済もまた、漁業で大きな成長を遂げました。の釣り技術アルマドラバは、島の周りの海で使用しました。これは、網の迷路と約50隻のボートを使用して、マグロを主な漁獲物とする巨大な魚群を収容エリアに運びました。その後、魚はカリングされ、漁船に引きずり込まれました。しかし、これらの漁獲量は非常に豊富で、すべての魚が殺されたわけではありませんでした。いくつかの魚は、ローマ人によってサルガマッサに建設された水産加工工場とともに、このような水生の囲いの中で生き続けました。

水路
ローマ人は海岸の加工工場に通じて、近くの小川から加工工場に新鮮なきれいな水を運ぶための水路を建設しました。この水道橋の一部は今日でも見ることができます。導管は大きな石灰岩のスラブで構成されており、上面に溝が刻まれています。残念ながら、最近はかなり無視されていますが、425メートル(1,394フィート)の距離が、近代的なホテルの複合施設と並んで海岸に向かって流れているのを見ることができます。

製造

  S’Argamassaの加工工場はどのようなものだったのでしょうか。
余剰魚がサルガマッサに持ち込まれたとき、それは2つの方法で処理されました。魚は切り身にされ、次に乾燥され、塩漬けにされた。この製品はサラゾンと呼ばれていました。切り身の副産物は、ローマの繊細なガルムを作るために使用されました。 ガルムは、ローマ帝国で大量に消費された魚醤です。魚の頭、尾、えら、内臓を最初に茹でてから塩で浸軟させ、太陽の下で1〜3か月間硬化させました。混合物は乾燥した暖かさの中で発酵および液化され、塩は一般的な腐敗因子を阻害します。ガルムは、発酵容器に挿入された細かいストレーナーによって引き出された、上部に形成された透明な液体でした。残った堆積物やスラッジはアレックでした。芳香性ハーブの濃縮煎じ薬が追加される可能性が味は地域によって異なり、食材は社内の庭からのものも

発酵タンク
海岸線に近い水道橋の流れの終わりには、かつてガルムを生産するための発酵タンクであった長方形の構造物の残骸がプロセスの完了時にソースが呼び出さ巨大土器貯蔵瓶に充填したアンフォラ、また、局所的に産生され、帝国のすべての部分に輸出。ソースは非常に人気のある調味料であり、当時のケチャップまたは醤油でした。

ギャラリー

  養魚場の保有ランクの遺跡

  水路の南端

  S’Argamassaの水道橋のローマ遺跡

  水路の上面に水路がはっきりと見えます。

参考文献
^ “”579地域地図、スペイン、バレアレス諸島。パブ:Michelin Editions des Voyages、2004、 ISBN  2-06-710098-X ^ Mapa Topografico Nacional de Espana、SantaEulàriadesRiu1:50.000 発行:IGN – CNIG(スペイン民間調査):2006年
ISBN 978-84-416-0041-6  ^ イビサとフォルメンテラ島のラフガイド。Pub:Rough Guides、Penguin Group、2003、
ISBN 1-84353-063-5  ^のE F
イビサ島への歴史バフガイド。著者:エミリーカウフマン。公開:Tarita、SL
ISBN 84-607-1188-9  ^ Curtis、Robert I(1983)”In Defense of Garum ” The Classical Journal、78(3):232–240。 ^ Curtis、Rober I.1979。ポンペイのガルムショップ。クロナッシュポンペイアン。XXXI。94. p 5–23。 ^ Ibiza&Formentera’s Heritage、非クラバーズガイド。著者:Paul R Davis Pub:Barbary Press、2009、
ISBN 978-84-612-2908-6 “